人気ブログランキング |

拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EOS 5D MarkⅢ ( 119 ) タグの人気記事


2019年 06月 11日

あの頃~あがたの森・秋~





あがたの森








d0349418_22251386.jpg





d0349418_22265436.jpg





d0349418_22274213.jpg




d0349418_22280565.jpg




d0349418_22281571.jpg




d0349418_22301875.jpg





d0349418_22294011.jpg




d0349418_22294733.jpg




d0349418_22295525.jpg




d0349418_22300457.jpg




d0349418_22360097.jpg




d0349418_22361888.jpg





d0349418_22310315.jpg




d0349418_22311505.jpg




d0349418_22312814.jpg



d0349418_22371330.jpg





d0349418_22313610.jpg




d0349418_22330884.jpg



d0349418_22373608.jpg





d0349418_22335311.jpg




d0349418_22321151.jpg




d0349418_22410059.jpg




d0349418_22411346.jpg





d0349418_22331957.jpg



あの頃


~ 完 ~




























by kobatetuapril | 2019-06-11 22:45 | あがたの森 | Comments(4)
2019年 06月 05日

光降る~大町市・霊松寺~




近頃、気象現象に恵まれず良い写真が撮れていませんので
昨年の写真で茶を濁します

大町市・霊松寺



d0349418_21431526.jpg




d0349418_21440785.jpg




d0349418_21442787.jpg




d0349418_21444066.jpg




d0349418_21450158.jpg




d0349418_21480643.jpg




d0349418_21451353.jpg





d0349418_21454888.jpg




d0349418_21500137.jpg





d0349418_21495047.jpg




d0349418_21555908.jpg




d0349418_22031700.jpg




d0349418_21561709.jpg




d0349418_21563219.jpg




d0349418_21564730.jpg




d0349418_21581044.jpg




d0349418_21591249.jpg




d0349418_22033558.jpg




d0349418_22043409.jpg




d0349418_22045332.jpg




d0349418_22072057.jpg




d0349418_22083633.jpg




d0349418_22085482.jpg












by kobatetuapril | 2019-06-05 23:09 | 風景・スナップ | Comments(0)
2019年 05月 22日

双璧~松本市・旧開智学校の国宝指定へ~





双璧



恥ずかしいことだが、松本市「旧開智学校」が国宝指定へと動き始めていることを
最近になって初めて知った
既に文科相にまで達している話で、もはや指定は秒読み状態である
長野県の国宝として10番目(内、建造物の国宝は本校を入れて6件)となり
松本市所在の国宝は松本城に次いで2件目となるので
これで松本市は長野県における建造物国宝数単独1位になる






d0349418_23015371.jpg
撮影 Ricoh GR


旧開智学の開校は明治9年
松本市はもちろん、国内でも最古級の小学校である
国内最古の城・松本城のお膝元に、文明開化の象徴である擬洋風の建物が存在するといる歴史のバランスが興味深い

総工費用は明治6年の金額で1万1,000円
現在の貨幣価値に換算すると、まぁ、諸説ありけりで幅が広くなりすぎなのだが
概ね5,000万円から2億円となる
この莫大な費用の大半を地域住民の寄付で賄ったというのだから、当時の人々の学問に賭ける情熱がうかがえる
その甲斐あって、開智学校は30もの教室を有し、「広大華麗、地方無比」とうたわれるほどのスケールを誇った
松本市は、現在
            岳都・・・日本最高峰山岳地帯・北アルプスを有するため
楽都・・・ベルリンフィル及びウィーンフィルの名誉楽団員・小澤征爾が創立した「サイトウキネンフェスティバル松本」
のセールスフレーズにより観光都市で売り出しているが
古くは、この広大華麗なシンボルのもと、「学都」を標榜していた

明治当時は、松本市街地の真ん中を流れる「女鳥羽川」沿いに建設されたが
昭和39年、構造を丸々残す形で現在の、松本城北方に移設された
現在、その周囲には、同じく明治時代の洋風建築「旧司祭館」と、中央図書館が立ち
それらの真ん中に、かの「魯桃桜」が植わっている
松本城観光の折には、ぜひとも足をのばして頂きたい一角である





d0349418_23020259.jpg
撮影 Eos5D markⅢ

そして、旧開智学校とともに忘れてはならないのが、旧制松本高等学校「あがたの森」だ
こちらは旧開智学校の40年後、大正8年に設立されたもので
洋風建築への憧れがさらに洗練された建物となっている
青緑色の板張り壁が素晴らしく美しく、緑に、雪にと折々に馴染む
屋内に入ってみれば、太陽光の差し込み方が、まるで映画撮影を念頭に置いたのではないかと思うほどドラマチックだ
今は重要文化財であるが
もしかしたら、40年後にはこちらも国宝になるのだろうか?
楽しみであるが、旧開智学校が国宝ブームで来客が激増している様子を見ると
このままの、青春の光を封じ込めたような静けさを保っていてほしいという
独り占め欲に近い願望も感じている










by kobatetuapril | 2019-05-22 23:45 | 風土 | Comments(0)
2019年 05月 18日

桜・響く 2019~中綱湖オオヤマザクラ~






桜・響く


本編





d0349418_17364652.jpg
中綱湖

初春のクライマックスをかざる、信州桜の聖地





d0349418_17361925.jpg




d0349418_17372080.jpg







d0349418_17374665.jpg
対岸に日の出の気配
居並ぶ数百の三脚
夜明けの3時間前から、初春の夜気に身を震わせて耐え、流れ星を数えながら待ち望んだ刻が来た






d0349418_18144988.jpg
日の出完了
折しも水鏡の清澄さがピークに達していたため
オーソドックスな完全シンメトリーの構図を選択しようかと、迷いに迷ったが
光線を柔らかく滲ませさせて背景の森林にグラデーションを成していた朝霧と湖面の水蒸気をクローズアップする構図に賭けた
これ以上1mmでも広角にズームすると、背景に空が映り込む
それを少しでも軽減させるために、アングルをローに設定し、かつ、背景木立の最も美しく映えるバランスを
焦りで震えるような手つきで迅速に模索した





d0349418_18430331.jpg
これは、昨年発案した構図の今年版である
前景の水面に垂れ落ちた枝との二重シンメトリーをねらったものだ
が、1年の間に枝が理想的ではない形で成長してしまっていたため、この1枚のみの撮影






d0349418_17382935.jpg
水鏡は、日の出が進行するほど発生する気流の影響で乱れてゆく
そうなる前に、なるべく多くの構図での撮影を試みる
ピント合わせももどかしく
三脚を、担いでは駆け、駆けては立てる






d0349418_17383803.jpg





d0349418_17385473.jpg





d0349418_18551415.jpg






d0349418_17393022.jpg





d0349418_17393814.jpg





d0349418_17394560.jpg






d0349418_17395793.jpg






d0349418_17400685.jpg






d0349418_17402321.jpg





響鳴の刻は、未明の第一シャッターから2時間半後

さざ波とともに閉幕した






d0349418_17435495.jpg





~桜・響く 2019~




~ 完 ~














by kobatetuapril | 2019-05-18 19:01 | 風景・スナップ | Comments(6)
2019年 05月 12日

予告 桜・響く 2019~中綱湖オオヤマザクラ~






大町市・中綱湖


d0349418_22113235.jpg




d0349418_22120445.jpg




d0349418_22123593.jpg




d0349418_22124307.jpg



桜・響く 2019










by kobatetuapril | 2019-05-12 22:15 | 風景・スナップ | Comments(2)
2019年 05月 06日

龍の晴れ舞台 ~某所・龍の桜~






今年の4月は、あがたの森の桜撮影ではまたと無いシャッターチャンスを得ましたが
そのツケが回る形で他の桜を撮影する時間がありませんでした
(たまには松本城の桜も撮ってみたいのですが)

だけどなんとか、「龍の桜」だけは撮影することができました
ロケーションとして完璧な「あがたの森の桜」に対し
こちらは単体として、紅枝垂れ特有の濃い色合いと、苔むした枝ぶりが非常に素晴らしい桜です
「龍の桜」は私が勝手に付けた名前です
(とはいっても、この桜の、うねるような枝を見て「龍」を感じるのは私だけではないらしく
ある文献でも、龍、と比喩されていました)

夜勤明けのヘトヘト&眠々な体で龍の淵にたどり着くと、運よく神事が行われておりました



~ 龍の桜の晴れ舞台 ~






d0349418_21300367.jpg





d0349418_21301509.jpg






d0349418_21302475.jpg





d0349418_21342218.jpg





d0349418_21344041.jpg





d0349418_21345102.jpg





d0349418_21350043.jpg





d0349418_21350899.jpg





d0349418_21351584.jpg





d0349418_21352207.jpg





d0349418_21355173.jpg





d0349418_21355929.jpg





d0349418_21362067.jpg
どんよりと曇った日でしたが
神事が始まる頃には、わずかに晴れ間がのぞきました
眠気と疲労でグダグダな心身を、何とか奮い立たせます






d0349418_21362852.jpg





d0349418_21374449.jpg





d0349418_21380379.jpg





d0349418_21381047.jpg





d0349418_21382009.jpg





d0349418_21382839.jpg





d0349418_21383559.jpg





~ 龍の晴れ舞台 ~

d0349418_21384744.jpg







~ 完 ~











by kobatetuapril | 2019-05-06 21:46 | 風景・スナップ | Comments(0)
2019年 05月 01日

なごり雪の窓辺~あがたの森の枝垂桜~








なごり雪の窓辺





~ 本章 ~


d0349418_20464963.jpg





d0349418_20474244.jpg






d0349418_20475086.jpg





d0349418_20475955.jpg





d0349418_21073673.jpg




d0349418_20481419.jpg





d0349418_20590266.jpg





d0349418_20484747.jpg





d0349418_20485799.jpg





d0349418_21054099.jpg






d0349418_20491150.jpg





d0349418_20493710.jpg





d0349418_20501737.jpg





d0349418_20491903.jpg





d0349418_20492623.jpg






d0349418_21060938.jpg






d0349418_20522987.jpg





d0349418_20510516.jpg





d0349418_20511246.jpg





d0349418_20512538.jpg





d0349418_21004664.jpg





d0349418_20515215.jpg

しんしん・・・季節外れの雪が、薄紅を、さらに淡い色へと染めてゆく





d0349418_20531346.jpg

しんしん・・・青春への憧れが、音もなく降り積もる、窓の外





d0349418_20534517.jpg

なごり雪の窓辺





d0349418_20535914.jpg



~ 完 ~


















by kobatetuapril | 2019-05-01 21:12 | あがたの森 | Comments(2)
2019年 04月 30日

なごり雪の窓辺・序章~あがたの森の枝垂桜~






4月9日


d0349418_23335992.jpg





サクラ銀河の降る夜に





d0349418_23354149.jpg





d0349418_23335094.jpg

あがたの森

私が最も愛するこの場所に、最も愛する、若い桜の木が立っています

昨年の春は、仕事の凄まじい忙しさの中、連日のように吹き荒れた春の嵐のために
葉桜になる間もなく散り終えるという凄惨な姿を目にして、遣る瀬無さにつつまれましたが
今年は満開の彼に会いに行くことができました
ふだんは滅多に夜景を撮らない私ですが、この時ばかりは夜空に向かって三脚を立てました




そして、突如として現れた、目を疑うような週刊天気予報
相変わらず、仕事は息つく間もないほどの多忙ぶりでしたが「働き方改革」に便乗する形で
気合と根性でギリギリラインの仕事を片付け、休暇をとりました





4月10日





d0349418_22201397.jpg





d0349418_22203294.jpg

あがたの森に降る雪

今年は雪の少ない冬でしたが、それを取り戻すかのように、しんしんと降り続けておりました
冬の間中撮りたいと思い、叶わなかった光景が、思いがけない形でおとずれたのでした





d0349418_22214959.jpg





d0349418_22215616.jpg

雪の撮影を見越して正月にAmazonのタイムセールで購入したストロボを、ついに使用する日が来ました
NEEWERのNW680という、中華製のあやしいストロボ
ガイドナンバー58・E-TTLが、なんと7,000円台!
首もよく回るし、シュー接点がちゃんと金属製なのも、ガサツな性格にはグッド
安すぎてかえって心配になるのですが、高いものを買っても結局使わない恐れがあるので
リスクを比較衡量して安物を買ってみました






d0349418_22221538.jpg

仕事ではもう何万枚というストロボ使用写真を撮っていますが
プライベートで、芸術的な意図でストロボを使うのはこれが初めて
とりあえず、絞り開放で撮ればいいんでしょ?
光量は、雪が白飛びしないくらいで、適当に
・・・いや、これが中々上手くいかないものですね
また、シャッタースピード1/200secという縛りが何気にきつくて露出オーバー写真を連発
(だったら絞ればいい、という単純な発想は、なぜか浮かんで来ず)




d0349418_22230823.jpg





d0349418_22231661.jpg





d0349418_22232374.jpg





d0349418_22233022.jpg





d0349418_22233698.jpg






と、まぁ、またとないシャッターチャンスを前にして先が思いやられる感じなのですが
記事タイトルにもありますとおり、ここまでは序章。次回、本領発揮となります(?)







 






by kobatetuapril | 2019-04-30 22:32 | あがたの森 | Comments(4)
2019年 04月 17日

春はシベリアより来ぬ~松本市中央図書館の「魯桃桜」~







3月24日


早春
松本市中央図書館の庭に咲く桜を、毎年気にかけている




d0349418_23122614.jpg

魯桃桜

春先に地元新聞を注意深く眺めていると、片隅に、この桜の動向を示す記事が見つかる
その小さな記事を見つけるために
常に無く念入りに新聞を、そわそわとしながらめくるのが、早春のルーチンとなっている





d0349418_23245947.jpg

桜、と言ったが、実は『魯桃桜』はサクラ属ではない
真ん中の文字通り、桃の一種である
では、『魯』とは何なのか?というと、産まれ故郷を示す文字だという
「魯迅」、春秋戦国時代の「魯国」。直感的に思い浮かべるとおり、中国産との説もあるが
ロシアの「ロ」であることが有力らしい
何故「露西亜」なのに「魯」なのか?さては、誤字がそのまま定着したのか?と推測してみたのだが
期待したような面白い紆余があるわけではなく
明治以前は「魯西亜」という表記は標準的であったらしい






d0349418_23482666.jpg

昭和初期、この、図鑑にも載っていない桜の生い立ちを研究した学者がいた
「どうやら、日露戦争の凱旋記念に軍人が持ち帰ったものらしい」
一応の結論を見た
しかしそれは学術根拠にのっとった「解明」の域に達するものでは到底無く
「そういう言い伝えがある」という逸話が浮上した程度であったそうだ






d0349418_21285671.jpg

ただ、桜ではなく桃の一種であることは当時としても分かっていたらしい
「魯西亜桃」ではなく、あえて「桜」と名付けたことに、この学者の詩情を感じる






d0349418_21573376.jpg

軍人の手により海を渡った魯桃桜は、最初、長野県の佐久市に植えられた
長野県が、魯桃桜の日本における故郷だということになる
少し誇らしく感じ、その後の国内移植を調べたことがあるのだが
どう調べても長野県関連の記事でしかその名を見つけることが出来なかった






d0349418_21355551.jpg

魯桃桜は、佐久市に移植された後、種子から芽生えた苗により、昭和初期頃から主に県内各地の図書館や博物館の庭に広まっていった
松本市中央図書館の木も、それら子孫の一人である
しかし何故か、そこで桜の旅物語は、プツリと途絶えてしまう






d0349418_21361643.jpg

信州の春は「春は名のみの風の寒さや」と早春賦に唄われるとおり遅いが
シベリア産まれのこの桜は、梅の開花から間もなく、ソメイヨシノの蕾の硬いうちから咲き始める
東京の桜便りよりも一足早い
そのため魯桃桜は、信州の春告げ花として、そのミステリアスな由来と共に密かな知名を得ている
季節感さえも数値化されてしまったかのような今の時代に、シベリアの凍土を知る桜の子孫が、信州の遅い春を告げ
豪勢なソメイヨシノたちの露を払うようにして、ほとんど人知れずに、散ってゆく
なんとロマンチックなことだろう
そう思うと、信州が魯桃桜の旅の果てであったのだろうと運命的なものを感じる





d0349418_21365267.jpg

北には一面鏡窓の図書館、西にはカビの生えた屋根付きの自転車置き場
南には名も取柄もない小川と駐車場、東には住宅街・・・・
実にカメラマン泣かせなロケーションであるが、先述したとおり、図書館の庭に植わっていることが由緒の正しさでもある






d0349418_21371624.jpg

駐車場の向こうにはフランス人神父がデザインした「旧司祭館」と和洋混淆の「旧開智学校」(共に明治時代の建造物)
が並び建っており、日露戦争の凱旋樹である魯桃桜を取り巻く歴史のトライアングルが形成されている
国宝松本城のひざ元にありながら、ここには、欧州への憧れが凝縮されている






d0349418_21392362.jpg






d0349418_21394023.jpg






d0349418_21395900.jpg







d0349418_21410299.jpg






d0349418_21412577.jpg






d0349418_21413417.jpg






d0349418_21414974.jpg






d0349418_21415647.jpg






d0349418_21420951.jpg






d0349418_21422115.jpg






d0349418_21423860.jpg

日曜日の図書館に訪れる人の何人かが、神妙な面持ちで一眼レフを構える私と魯桃桜とに交互に視線を送り
「え?これ、桜?もう咲いてるんですか?」
と声をかけてくる






d0349418_21431254.jpg

「いえ、桃ですよ、『魯桃桜』って書いてあるでしょ、ホントは桃なんです」
とは答えない
「松本で一番早く咲く桜ですよ」
と、軽いウソをつくようにしている
「へぇ~・・・知らなかった・・・」
自転車置き場のカビが生えたタキロン屋根越しに眩しそうに花を見つめる表情の
驚きと、いち早い春を見つけて得意気な様子が、なんとなく好きである
この表所を見ると、「春だな」と思う






d0349418_21432751.jpg

そういえば、この日はエプロン姿の女性司書さんも通りがかって、こう言った
「今年もキレイに咲きましたよね。ありがとうございます」






d0349418_21435900.jpg

ハッとして
「好きなんですよ、この桜、私。ついつい、なんだかんだで、毎年」
見透かされたウソを、ちょっと意地になりながら、しどろもどろのあやしい文法でつき通した
シベリアの陽光がうららかであった







d0349418_21440974.jpg





春はシベリアより来ぬ



~ 完 ~









by kobatetuapril | 2019-04-17 23:55 | 風景・スナップ | Comments(2)
2019年 03月 30日

七色の日~北安曇郡池田町の七色大カエデ~




北安曇郡池田町

七色大カエデ


d0349418_22583936.jpg




d0349418_22585349.jpg




d0349418_22590849.jpg




d0349418_22592654.jpg




d0349418_22594684.jpg




d0349418_23001652.jpg




d0349418_23004085.jpg




d0349418_23005356.jpg




d0349418_23012736.jpg




d0349418_23014542.jpg




d0349418_23015514.jpg




d0349418_23020370.jpg




d0349418_23021981.jpg




d0349418_23024010.jpg




d0349418_23024766.jpg




d0349418_23030028.jpg




d0349418_23030806.jpg




d0349418_23033936.jpg




d0349418_23041163.jpg




d0349418_23042764.jpg




d0349418_23044125.jpg




d0349418_23045184.jpg




d0349418_23050339.jpg




d0349418_23051331.jpg




d0349418_23052564.jpg




d0349418_23053200.jpg




d0349418_23054486.jpg




d0349418_23055264.jpg




d0349418_23060149.jpg




d0349418_23061472.jpg

かれこれ5~6年かそれ以上、毎年見に行っている大カエデです
その間には紅葉のアタリ年もあれば、ハズレ年もありました
幹の樹洞に大きなハチの巣が出来て撤去できなくなり、巣ごと樹洞を埋めたとか。
250年とも言われる高齢樹ですから、さすがに弱ってくるところもあるのでしょう
放射状に伸びる素晴らしく美しい枝は、ついにその重さを支えきれなくなり
骨折をした人間の腕の様に吊って、なんとかバランスをとってあったり。
なんとか、せめて今後私が生き続ける数十年の間だけでも、どうか毎年紅葉を見せて欲しい、と思っています

それとは別に、このカエデをとりまく環境が大きく変わりました
2011年に放映されたNHKの朝ドラ「おひさま」を皮切りにメディアへの露出が多くなり知名度がウナギ上りとなり
秋の観客数は、ついに交通整理を要するほどにふくれ上がりました
すぐ隣の丘の上には駐車場が設けられ、樹を見上げると、その向こうにひしめく駐車車両が見えるようになりました
大勢の人々が地面を踏むと、根が傷み樹勢が弱まるので、半径20メートルに及ぶであろう、接近禁止区域が設けられました
結構急峻な斜面に立っているのですが、お客さんの中にはお年寄りもいらっしゃいますから
足を滑らせてはいけないということで、あたりはシーズンになるとツンツルテンに草刈がされるようになりました

そして、何といっても最大の変化は、スマホとSNSの急速な普及です
お客さんは、到着するや、スマホのモニターを経由して、この樹を見るようになりました
ほんの数年前までは、秋空のもと、眩しげな「眼差し」と溜息とが見上げていたのに
今は、立ち入り禁止区域に沿って、スマホのレンズが垣根の様に取り囲むようになりました
せめて、ゆっくりと樹の周りを歩いて、燃える七色を、孔雀の様に美しい枝を、四季を何百回と経てきた生命力を、網膜で見て欲しい
巨大な一眼レフを首から下げている自分を完全に棚に上げる訳ですが
少し、寂しく思います

だけど
なんだか、世の中変わっちゃったな・・・なんて、私は今に生きてるわけだから、そんなこと思いたくないのです
世の中には悲しいことや辛いことや、無関心の関心があって、そして、それらは残念ながらこの先どんどん増加してゆくのだろうけど
(なんか、話がデカくなってきたぞ)
それでも、人間とは美しいものだと思っていたい
写真を撮るからには、私は、『happiness』を撮りたい
そんな、願いなのか、気迫なのか、決意なのか・・・を込めて撮影したのがこのスナップです

私は、スナップとは、happinessを記録媒体に焼き付ける手探り作業だと思ってます



~ 七色の日 ~











by kobatetuapril | 2019-03-30 22:51 | 風景・スナップ | Comments(3)