拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 22日

桜色の銀河を泳ぐ龍~某所・龍の桜~





2018年・春

台風と見紛うような烈風が

盛大な、しかしあまりにも時期尚早な桜吹雪をもたらし

サンデーカメラマンを失意の底にたたき落とした

春という季節が、カメラマンにとっていかに掛け替えのないものであることか

この様な形で思い知ることとなり、運命の拙さに落胆した

この先、幾十度もおとずれめぐり逢う季節とはいえ

同じ春には、もう二度と逢えないのだ



痩せ細る桜を、職場の窓から眺めていた

相変わらず仕事は、瞬く間に深夜をむかえるような、凄まじいせわしさが続いている

風が吹こうが吹くまいが、今年の私には桜と語り合う間など無かったのだ

そう思い、諦めようとした

なのに

そういえば、今ごろ龍はどうしているだろうか

想いが過り、抑え難くふくらんでいった

それは、生きていようがいまいが、龍に会いに行ってみようという未練のようでもあり

翻弄され続けた春への、抗いのようでもあった


バッテリーチャージャーが点滅する様を、久しぶりに見つめた

とにもかくにも、龍のいる渕に行ってみよう、と思った









d0349418_21215324.jpg







d0349418_21304121.jpg







d0349418_21264617.jpg
龍は
多くの桜達が春の嵐により散華してゆく中
平然と、雄々しく、燦然と咲き誇っていた









d0349418_21281782.jpg
周囲を囲う高い杉林が
龍を人知れぬ存在たらしめている渕が
主を嵐から守り抜いたのだ







d0349418_21271723.jpg
独特の、血潮のように濃い色の花が
遠くからビョウビョウと聞こえてくる風音をよそに
そよと揺れていた









d0349418_21333826.jpg
緑鱗を纏った長大な姿態が渕の中でうねり
静かに咆哮をあげていた








d0349418_21320546.jpg







d0349418_21322169.jpg







d0349418_21324108.jpg







d0349418_21325587.jpg







d0349418_21331930.jpg







d0349418_21350302.jpg
再会の喜びも束の間
昨日までは、桜達の体内時計がくるいを生じるほど暖かかったというのに
雪混じりの雨が降り始めた








d0349418_21352108.jpg
咆哮が静まっていった








d0349418_21354115.jpg
傘をさしながら、今年の龍を見送ろうと眺めていた
別れを覚悟しようとした

その時








d0349418_21360394.jpg
渕の向こうに玉が昇る気配があった








d0349418_21363378.jpg







d0349418_21365712.jpg







d0349418_21372119.jpg







d0349418_21362050.jpg
龍が、玉をその手に掴んだ








d0349418_21374055.jpg
渕の上空を、玉の光が渡っていった









d0349418_21400963.jpg







d0349418_21391053.jpg







d0349418_21392982.jpg
飛沫の様な花びらが、透過光により、龍の血潮の色に染まる
渦巻くように輝くそれは、まるで大銀河のようであった

緑鱗を纏った龍が、春が、星雲を舞い昇っていった








 桜色の銀河を泳ぐ龍 


~ 完 ~














































































by kobatetuapril | 2018-04-22 22:00 | 風景・スナップ | Comments(1)