拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 21日

白鳥流し撮り一代記 partⅧ









相変わらず仕事が激務続きで

いらっしゃって下さっている皆様にお礼のコメントを差し上げることも出来ず

大変申し訳なく思っています



今日、私が住んでいる松本では大雪が降りました

こんな日は、久々に家でひたすらゆっくり・・・と考えていましたが

「白鳥流し撮り一代記を完遂せよ」という、冬の神様の声による雪だったのかな、と思い直し

久しぶりに記事を更新することにしました


今回partⅧでは、、今シーズン大本命の一枚をアップします








1月27日

d0349418_21444928.jpg
この冬最強の寒波襲来により、御宝田遊水池の水面に気荒が漂っていた
それは、オートフォーカスが迷いを生じるほどの濃さで
まるで、白い砂煙のようであった








d0349418_21485056.jpg
幻想的、といえば聞こえが良いのかもしれないが
やはり、ピントが合わないことには作品にはなり得ない







d0349418_21504620.jpg
またと無い自然現象というシャッターチャンスが、みすみす通過していった







d0349418_21512816.jpg
流し撮りという撮影技法に徹する以上、「落胆」は禁物であるが
さすがにこの日の朝はその色を隠し通すことが出来なかった
全ての白鳥が飛び立った湖を目の前に
急速に眠気が襲ってきて、しばし帰宅する気力さえ沸いてこなかった








1月28日

d0349418_21584572.jpg
最強寒波と気荒はまだ留まっていてくれた
昨日の悔しさをばねに、集中力を奮い起こした








d0349418_22012196.jpg
手持ち流し撮りでは、寒さによる「震え」は即ミスショットに繋がる
薄い毛糸手袋のみを纏った手をポケットの中で温め
白鳥達が飛び立つギリギリの機を見て手を出し、フルサイズの冷え切ったマグネシウムボディを構え
手が寒さを覚知する前に親指フォーカスを当て、パンを行う
最強寒波は、そのタイミングを一層シビアにさせていた








その時だ








d0349418_22100872.jpg
氷点下11℃の空気が寝返りを打った
これだけの寒さにもかかわらず、どうした訳か、南風が吹き始めたのである
通常、この季節は北風に従い左から右へのパンで群れを追うが
急遽、右からのパンを行うこととなった








d0349418_22165412.jpg

タイトル『白い刻』

ISO-100
F/10
シャッター・1/5秒

ブラックアウトするファインダーの中で
不慣れな左方向パンが群をとらえる、確かな手ごたえがあった
闇の中で、興奮と鼓動を押し殺し、鍛錬を重ねた腰の回転を、ひたすら愚直に行った

水面のさざめきが南風に乗って流れてゆくのを待ち、モニターを確認した

一糸乱れず吹き過ぎる風達が表示されていた








d0349418_22310482.jpg
手前味噌もほどほどにしろ、と言われそうだが
いかに『白い刻』が奇跡的であったのかを語りたいと思う
これは、『白い刻』の第2シャッターのショットである
先頭の1羽に対するパンの正確度は、むしろ『白い刻』を上回っているが
追随する3羽が無秩序に被写体ブレを起こしている
5分の1秒という時間の間に、速度や羽ばたきの大きさに、これだけの個体差が生じる、ということだ
この個体差は、滑空状態に入った群よりも、テイクオフ時の群において、より顕著である


具体的にどのような確率計算式が成り立つのかは分からないが
まず、大前提としてパンが正確に決まること
出来れば一画面に4羽、出来れば5羽以上が収まること
そして、それら個体が、全て個体差を生じずに羽ばたくこと
白色が綺麗に発色するように、曇天ではなく晴天であること
ただし、日の出後では翼の描写が劣化するので、日の出前で、かつ低ISOで撮影できる時間帯であること
水面にはカモなど他の水鳥や浮かんでいる白鳥等、余計なものが写り込まないこと
等々・・・
天文学的確率とまでは言わないが
ちょっとした小宇宙が出来上がるくらいの「偶然」が重ならないと、満足がいく作品にはならない
以前に、ブラックアウトフリーカメラが流し撮りに与える好影響について述べたが
そんな技術革新など、この確率の前では些事なのである




白鳥の流し撮りは、評価が分かれる技法だと思う
実際、撮っている本人でさえ
普遍的な美しさを求めているのか
それとも単にシャッタースピードという、数字との格闘における勝利を求めているのか
分からなくなることがある
止め絵派に対するリスペクトを、憧憬に近い形で覚えることさえある
ただ、ここまで来たら白鳥流し撮りカメラマンとしての矜持を
たとえしがみつく様にしてでも持っていよう、と誓うことにしたのだ



地元安曇野市の「豊科郷土博物館」で、毎年「白鳥写真展示会」が開催される
古くて小さな博物館でひっそりと行われるささやかな展示会であるが
しかし、ギャラリーには、我こそはという白鳥カメラマンの情熱と矜持が渦巻いている

『白い刻』を、この展示会に出展する
仕事が忙しくて引き伸ばしの発注やら額縁・マットの選定やら誠に慌ただしかったが
全紙に引き伸ばされ濃紺色のマットに縁取られた『白い刻』は
一日中パソコンと向き合って疲労した目に燦然と輝いて見えた

ギャラリーのライティングに4筋の風が浮かび上がるのを
仕事着から部屋着に着替え、額縁の前に正座しながら思い描いた











by kobatetuapril | 2018-03-21 23:38 | 白鳥 | Comments(6)
2018年 03月 08日

白鳥流し撮り一代記・2018 part Ⅶ








白鳥流し撮り一代記・part Ⅶ




その前に・・・・

今日、職場ですごくショックなことをサラッと言われました



明日から、仕事クッソ忙しくなるから、覚悟しといて♡



ぐぇぇぇえ~・・・拙者、そんなに仕事好きではないでござるよ~・・・・(大涙

といことで、しばらくの間、頑張って記事の更新はするつもりでいますが

皆さんのブログにおじゃましてコメントを差し上げることが出来なくなりそうです

また落ち着きましたら、変わらぬお付き合いを頂けたらと思います



では、気をとりなおして白鳥流し撮り一代記

第7弾は

着水シーンの流し撮り

です








d0349418_21401975.jpg
「御宝田遊水池」の白鳥は、朝の6時頃に飛び立ち
500メートルほど離れた川の淀みに着水する
そこに特別餌が豊富にあるわけでもないのに、何のために毎朝わざわざ・・・?
さっぱり分からない
が、その、人間の目からすればほとんど意味不明な行動があるおかげで
白鳥カメラマンはシャッターチャンスという恩恵を受けている








d0349418_21581462.jpg
基本的には、御宝田遊水池をフィールドにしているが
飽きたり、気分転換したいときには、その淀みの方に行くようにしている
落下傘部隊のように、次から次へと水面に舞い降りる彼らを、斜め流しで撮影する








d0349418_21584804.jpg
斜め流し・・・・いや、正確にはちょっと違う
この写真は河原の砂利を背景にしたものであるが
単純な斜めではなく、実に不規則な軌道で流れているのが分かる









d0349418_22033864.jpg
その軌跡は多様で、時に二次関数グラフの様な逆放物線であったり
三角関数の様な波線状であったりする
ただ、一次関数のごとく真っ直ぐストンと着水することだけは無いようだ
それだけ、「風の形」というものが、とらえどころが無いということなのだろう









d0349418_22114006.jpg









d0349418_22214330.jpg









d0349418_22121576.jpg
あ~らよっと
という声が聞こえてきそうなポーズ









d0349418_22122465.jpg








d0349418_22144202.jpg
テイクオフ時には絵になりにくかった正面流しだが
着水時は翼の挙動が程よく少なくなるためなのか
一転して美しい描写になる









d0349418_22164180.jpg
着水の直前から一気に減速する
テイクオフの加速時とは逆の要領でパンを調節する
これはこれで面白い









d0349418_22291756.jpg








d0349418_22322490.jpg







d0349418_22170989.jpg








d0349418_22173133.jpg
どうも、彼らにとって着水はテンションが上がる儀式らしい
プールのすべり台ではしゃぐ子供のように
雄叫びをあげながら降りてくる個体もいる
とってもlovelyである









d0349418_22225520.jpg
メインに据えるほどではないが
程よい撮影難易度に美しさが伴い
なかなか撮影のし甲斐があるシーンだ








さて、明日からが大変です





































by kobatetuapril | 2018-03-08 22:48 | 白鳥 | Comments(1)
2018年 03月 06日

白鳥流し撮り一代記・2018 part Ⅵ








part Ⅵ



第6回は、「小さく撮ってみた」特集

小さく撮ってみた、とは言うものの、正直、好き好んで小さく撮るケースは滅多に無く

単純に、フルサイズに100-400では焦点距離不足ということである

撮影地「御宝田遊水池」では、キヤノン党の内、かなりの割合が100-400を装着しているが

大多数は7DmarkⅡや80DといったAPS-C機で、フルサイズ機はごく一握りだ

焦点距離不足を補うために、足を使って接近する

白鳥は必ず風上方向にテイクオフするので、風向きが変わる都度歩き回る

接近し過ぎは(自然保護の観点で)タブーなので、慎重に、群の挙動に影響を与えない範囲で動かなければならない

御宝田遊水池で、私ほど目まぐるしくポジションチェンジしているカメラマンはいないと思う








d0349418_21173012.jpg
御宝田遊水池の近くに、「安曇野市立明南小学校」がある
テイクオフした群が右旋回(ほとんどの場合は左旋回)した場合、稀に、この小学校の校舎前を通過することがある
洋風の洒落た校舎で、流し撮りすると絵画的な描写になるので、結構ねらっているシーンだ








d0349418_22511117.jpg
上の写真は1/5秒の描写で、これは1/8秒
このシーンばかりは、シャッターが長ければ良い、という訳ではなく
いくらかシャッターを速めた方が、牧歌的な味わいが出るような気がしている
いつも1/5秒でシャッターを切っていると、1/8秒は、思わず戸惑うくらい速く感じる
流し撮りとしての難易度はぐっと下がり、かなりの高打率となる
ただ、今シーズンは形の良い群がここを通過するシャッターチャンスに、未だ巡り会えていない







d0349418_21493683.jpg
冠雪の山が、朝焼けを反射して赤く染まることを「モルゲンロート」という
スカッと晴れ渡った日にしか見られない(そもそも、晴れていなければ山自体見えない)、それなりに貴重な現象である
これは、常念岳のモルゲンロートを背景にした流し撮りで、めずらしく100ミリで撮影している
さすがに、こればかりは止め絵で撮ったらどうだ?と、自分でも思ってしまう
一応、カスタムモードの「1」を流し撮り用、「2」を止め絵に用に設定してあるが
「流せばいいことあるかもよ?」という囁きに抗い切れず、結局流してしまい、結局、後悔する
まぁでも、迷いが生じるシチュエーションではどちらを選んでもいくらかの後悔は生じるもんだ、と思うことにしている









d0349418_22011514.jpg
これもモルゲンロート・・・の欠片をバックにしたもの
山の前のいい位置を通ってくれることは中々無い
止め絵派カメラマンは、常念岳をバックに撮影することを目的としている
そこに「安曇野の白鳥を撮ること」のアイデンティティとプライドがあるからだ
完全に運任せの世界である。運をとらえモノにするために、弛まぬ努力をしているのが、彼ら止め絵派なのだ
たとえ今日、群れが常念岳を通過しなくても、力を落とすこと無く明日に懸ける、という写欲継続力を要する
一方、流し撮りでは、鍛錬とイレギュラーに動じぬ精神力を要するが、止め絵ほど背景にこだわる必要は無い
(当然、全くこだわらなくていいはずではなく、いい流し撮りのためにはいい背景が必須である)









d0349418_22240249.jpg
雑木林、その向こうに、モルゲンロートの北アルプス有明山という背景
結構レアだが、絵画的な味わいが出るので、ねらっているシチュエーションだ
もうちょっとパンの正確度が欲しかったのと、よそ見をしている後ろから3羽目が惜しい
滑空しながら、こんな風に下を見つめている白鳥が時々いる。何を見ているのだろう?








d0349418_22554300.jpg
ところで、白鳥達がモルゲンロートの最中にテイクオフするのは、これまたレアである
それまでしきりに、騒々しいほどに水面を飛び立っていた彼らが
山が赤く染まったとたんに、しんと静まり返ってしまうのである
絶好のシャッターチャンスタイムが成す術も無く経過してゆき
御宝田に集まった白鳥カメラマンたちが大きなため息をつく
本当に、生態を研究すれば論文の一つでも書けてしまいそうな、気のせいではない事実である









d0349418_22572131.jpg
そうこうしている間に、モルゲンロートはあっという間に薄れゆき









d0349418_23085277.jpg
多くのカメラマンのため息とともに、空気は元の冬色を取り戻す









d0349418_22591154.jpg
背景も何もない大空に舞い上がった彼らを、一応流し撮りしてみる
モニターを見て、「どうしろっての、これ?」と苦笑する
仕方ないので、ライトルームで周辺増光加工してみた










d0349418_23022184.jpg
40羽を超える、凄まじい大群
けれども、これを活かす背景が無い
仕方なく、とりあえず中央に焦点を当てて流してみた
こうして見ると、群が速度も方向も定まらず飛んでいるのがよく分かる
この、白鳥達の意外な統制の無さが、流し撮りを難しくさせている一要因である

「いやー!すごい群れでしたね!ものになりましたか?」
知らないおじさんカメラマンに話しかけられた
「いえ・・・実は流しちゃいまして・・・」とは、なかなか言いにくかった







あまり失敗写真ばかり載せているのも何なので
次回、part Ⅶはちょっと頑張ります
































by kobatetuapril | 2018-03-06 21:29 | 白鳥 | Comments(3)
2018年 03月 03日

気嵐の朝に~大王わさび農場~









白鳥の流し撮り一代記を投稿中だが、一休み代わりに風景写真の記事を書いてみる

白鳥の撮影地・御宝田遊水池から帰宅する際、ちょっと寄り道をすると

大王わさび農場

がある

「安曇野」という場所は、その懐かし気な語感と、常念岳をはじめとした北アルプスの雄大な眺めから

日本人の故郷、的なイメージで全国区の知名度を得ているが

際立った観光場所は意外にもほとんど無く、辛うじて、このわさび農場だけが、知る人には知れている程度である









d0349418_21404303.jpg
その大王わさび農場の隣を、「蓼川」という小さな川が流れている
水源は北アルプスの雪解け水
生まれをたどれば「最も冷たい水」のはずで、水温は真夏でも15℃前後である
だが、伏流を経ているためなのか、真冬では反対に、他の河川と比較して水温は高めになる
その「比較的あたたかな水」が、放射冷却の空気にさらされて発生するのが
気嵐(けあらし)
という川霧
これは、この冬最強の寒波がおとずれた、つまり、最も濃い気嵐が発生した、今年の1月27日に撮影した写真
確か、最低気温は氷点下12℃であったと記憶している








d0349418_22043255.jpg
上の写真は色温度を1000k下げた写真、一方、こちらは800k上げて現像した
前者が好みだが、こちらも捨てがたいと思う








d0349418_22140375.jpg
気嵐はわさび田にも発生しており、畝のパターンにあわせて、昇りたての朝陽を眩しく滲ませていた
わさびという植物は、常に新鮮な水に接していないと、たちどころに枯れてしまうらしい
淀ませず、かつ流れ過ぎず
絶妙のさじ加減をもたらすのが、この幾何学模様なのだそうだ








d0349418_22221140.jpg
立ち上る気嵐が最強寒波にさらされダイヤモンドダストと化し
次から次へと、湧水の水面に舞い戻っていた








d0349418_22300974.jpg
黒色の幕は日除けで、夏季には、わさびの頭上に一斉に張り巡らされる
水が淀んでも、日差しが強すぎても育たない。なんと繊細な植物であることか








d0349418_22390196.jpg
一度、長靴を履いてわさび田に入らせてもらったことがある
幕の高さは身長181センチの私がかなり腰を曲げねば頭を擦るくらいのところにある
腰をかがめる手間と、幕を張る作業効率。それらの折衷がこの高さなのだろう








d0349418_22410104.jpg
ところで、大王は、今日でこそ日本最大級のわさび農場であるが
100年前までは、単なる荒地であったらしい








d0349418_22505873.jpg
いや、「単なる」は語弊がある。そこには「湧水」、ただそれだけがあった
古人は、不毛の大地から染み出る最高純度の雪解け水に希望を見い出そうとした
一筋の可能性は、幾十年も続いた開墾の歴史を経て、安曇野のグランドキャニオンとでも言うべき一大景観を形成するに至った








d0349418_23030001.jpg
精度と効率が飛躍的に増した現代だからこそ、その発想に、スケールに、ダイナミズムに、深い感慨を抱かずにはおれない
気荒の向こうで、昔と変わらず鍬を振るう農夫達に、情熱の幻を見る思いがする








d0349418_23134081.jpg
春は名のみの風の寒さや
谷の鶯歌は思えど
時にあらずと声も立てず
時にあらずと声も立てず

「早春賦」は、作詞家吉丸一昌が安曇野を想い綴ったものと言われており
北アルプス山麓を流れる穂高川の堤防道路には歌碑が立っている
歌碑の隣にはガラスケースに入ったオルゴールがあって、スイッチを押すと、メロディがゆるやかに流れる
同じ堤防の桜並木が開花する頃に、そのオルゴールを聞いてみる
金属音が、いつしか穂高川の川音とハーモニーを奏ではじめ、桜の芽が、スローモーションではじける

話は戻るが、わさび農場のほとりにも桜が植わっている
湧水の水温が、他の川に比して高いからだろうか
早春賦の歌詞とは裏腹に、その桜は安曇野の中で毎年いっとう早く開花するという印象をもって見ている



いつの間にか、そんな心の準備をする季節になった






気嵐の朝に

~ 完 ~















by kobatetuapril | 2018-03-03 20:57 | 風景・スナップ | Comments(8)