拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 31日

鎌倉の息吹~長野市信更「長勝寺」仁王~





長勝寺

という寺がある

善光寺で仁王を撮影して以来、白鳥に勝るとも劣らないほどに「仏像写欲」が高まってしまい

撮影可能な仏像は無いものか、と、仏像関連書籍を読み漁った結果たどり着いた寺である

松本市と長野市を結ぶ国道19号から、県歌「信濃の国」に歌われる、犀川(信濃川の支流)の橋梁「久米路橋」を渡った先の

信更町三水

という地区に建っている

私は生家が長野市で、住居が松本市なので、国道19号を通って帰省する都度、間近を通りかかっているはずなのだが

今回仏像について調べるまで、「長勝寺」はおろか「信更」なる地名があることさえ知らなかった

そもそも、住人でもない限り、訪れる理由を見つけることが難しいような、山間の集落なのだ

長勝寺は、そんな、昔話のイメージをそのままスケッチしたような信更に、忽然と、だが、音も無く佇んでいる








d0349418_23220257.jpg

長勝寺には「仁王寺」という通称がある

うりの仁王は鎌倉時代後期の作と言われている

かの東大寺南大門、大仏師運慶・快慶の仁王が1203年・鎌倉初期の造であるから

それからさほど時を経ずして生まれたということになる

桜の樹に換算すれば、十二分に「銘木」を育てるだけの年月を生きている








d0349418_23281783.jpg

齢に鑑みて、長勝寺の仁王は長野県宝に指定されているが、住まいである門は、歴史に比してやや粗末の感がある

そして、門の奥に本堂は無い。向こうには、犀川を隔てて里山と、さらにその向こうに北アルプスが連なるのみである


言い伝えによれば、対岸の里山に建つ「廣福寺」が飢饉続きの困窮でこの仁王を売却し、車で移動していたところ

仁王の天罰であったのか、牛が倒れ進退窮まった際に、長勝寺の住職が引き取ったのだそうな

だから、長勝寺の仁王門は、今も廣福寺の仏を守るため、長勝寺の本堂ではなく対岸に通じているのだという

地図で確認すると、なるほど、仁王門はまっすぐ廣福寺に向かっており

ほぼ真横に当たる、そっぽを向くような位置に、長勝寺の本堂が建っている

伝説とか言い伝えというのは、眉唾であることは百も承知の上で信じようとしてみると、面白い空想の発見に至ることがある








撮影 全てRICOH GR ノートリ

RAW撮りLr現像



~ 阿形 ~




d0349418_00054398.jpg








d0349418_00073309.jpg








d0349418_00092858.jpg








d0349418_00095836.jpg








d0349418_00104563.jpg









d0349418_00113453.jpg








d0349418_00122477.jpg








d0349418_00130914.jpg








d0349418_00135473.jpg








d0349418_00143192.jpg








d0349418_00151676.jpg

阿形・吽形ともに、背丈は195cmほど

頭部から胴体までは1本の檜の大木により彫られている

その他は仁王像の御多分どおり寄木により造られている

風化が進み、顕わになった継ぎ目に、もの凄まじさをおぼえる







d0349418_00154687.jpg

以前の記事で、善光寺の仁王は信州が誇る近代彫刻の傑作中の傑作と記した

それは今でも間違いないと思う

しかし、方や、県宝とはいえほぼ地元住民にしか存在を知られていないこの仁王の存在感はどうだ

技術やスケールでは善光寺の仁王にはるかに及ばないのに

その気配たるや、シンとした里山に響き渡り、幾山をも越えてゆくような殺気を帯びていた

魅了され、様々な角度から撮影しつつも、いかなるアングルであれ浴びせられる視線に、粟を生じるようであった









d0349418_00161740.jpg

東大寺南大門や善光寺の雄大な仁王門をくぐるとき、そのスケールや美しさにひたすら感動する

一方、この粗末な門を北アルプスに向かって通り抜けようとするときは

ひたすらに、戦慄がはしる

「やられる」という予感が背筋を滑り通る






~ 吽形 ~








d0349418_21431841.jpg








d0349418_21453026.jpg

猛々しい殺気を放っていた阿形に対し、吽形の眼差しは深淵を見つめるように静かである

その静けさが、いかにも人間離れしており、かえって、底知れず怖ろしい








d0349418_21525796.jpg









d0349418_21523011.jpg








d0349418_21535497.jpg








d0349418_21541840.jpg









d0349418_21545707.jpg








d0349418_21550931.jpg








d0349418_21551971.jpg

阿形の右腕がやや淡泊であるのに対し、吽形の左腕は血管が浮き出、筋肉が張り詰め躍動する表情が素晴らしい

本当に、同じ仏師の手によるものなのか、という疑問が生じるほど、この左腕の存在感は際立っている

陳腐な言い方をすれば「今にも動き出しそう」である

長勝寺の仁王が誕生した鎌倉時代は、写実芸術の萌芽期でもあるが

この左腕は、同時代に生まれ今は国宝に指定されている南大門や興福寺の名高き仁王と比べても

全く見劣りしないばかりか、その存在感においては群を抜いている

名門寺院の国宝達が技術と写実主義の煌びやかな結晶であるとすれば、長勝寺の仁王は思念の粋であるように感じる

鎌倉後期という、国史中有数の激動の時代の息吹が、体を吹き抜けてゆくようだ



そういえば、善光寺の仁王も手足の血管の描写が精緻で

そのため、仏師の米原雲海は医学知識を持ち合わせていたと推測されているらしいのだが

もしかしたら米原はこの長勝寺の仁王を見ていたのではないだろうか

世の中に血管の浮き出た仁王は、数多とあるので、その可能性は低いだろうが

近代彫刻の粋たる善光寺の仁王が、今は名もなき仏師による、旅人も通らぬ山里に佇む仁王の影響を受けていたとしたら

大変なロマンである

いや、そもそも、この仁王の作者は「名もなき」と言って差し支えない者であったのか

やはり、とてもそうは思えない

何故、名が伝わっていないのか

何故、鎌倉時代といえば、まともな文化があったのかもあやしいこの地に立っているのか








d0349418_22403572.jpg








d0349418_22405969.jpg





それでは皆様、良いお年を


※頂いてあるコメントへの返答・お礼は年明けにさせて頂きます

ありがとうございました


























































































第2回プラチナブロガーコンテスト




by kobatetuapril | 2017-12-31 13:35 | 風土 | Comments(4)
2017年 12月 24日

流し撮りバカ・再起動

「流し撮りバカ一代記宣言」をしてから早1カ月弱

しかしそれ以降は三脚をかついで高ボッチに登ったり、金網にへばりついて仁王を撮ったりと

「どこが流し撮りやねん?状態」が続いておりました

皆様の中には「拙者の写真修行小屋」はインチキ詐欺ブログだ、などと思われていた方もいらっしゃったかもしれません

弁明をしますと、実は、白鳥を撮ってはいるのです

ただ、皆さまに見て頂くに値する写真がなかなか撮れないだけ

でも、写真はこのところ白鳥しか撮ってないので、このままではず~っと休業状態が続いてしまいますから

やや赤裸々な内容になってしまいますが、現状をお伝えしようと思います

ちなみに、今回アップの写真は、EOS5DmarkⅢがセンサークリーニングで入院中でしたので

スーパーサブ・EOS40Dで撮影したものになります

「弘法は筆を選ばず、でござるよ。むふふ」

などと言ってみたいものですが、やはり5DⅢレベルのAFが無いと苦しかったですね

修行を通りこして苦行でありました。発色だけなら今でも光るものがあるんですけどね、40Dも





d0349418_21544504.jpg
まず、「5分の1秒とはどんな世界なのか」について、です
流し撮りの心得がある方が、この写真を見ると、あることに気づくことと思います
それは、「胴体の歩留まりは良いのに、頭が激しく被写体ブレを起こしている」といこうとです
つまり、正確なパンが出来てさえいれば作品になる、という訳にはいかないのです








d0349418_22090038.jpg
次にこちらの写真ですが、メインの一羽にはほぼ完璧に相対速度合わせが出来ています(頭部のブレは別問題)が
他の3羽には速度が合っていません
それだけ、飛行速度の個体差があるっていうことなんです

正確なパンが出来ていても
頭部が被写体ブレを起こす
飛行速度には個体ごとに相当なムラがある

撮影技術は大前提でありますが、その大前提に多大な「運」が作用しなければ作品になりません
それが、5分の1秒という世界です

シャッターを10分の1秒とか20分の1秒とかに設定すれば「運の比率」は下がります
はっきり言って、10分の1秒程度であれば、私は相当な確率で流し撮りを成功させることが出来ます
でも、相当な確率で成功できるものに、貴重なカメラマン人生を費やしたくありません
10分の1秒などという、被写体ブレに毛が生えた程度の流し撮りで満足したくない
無理かな・・・と思え、くじけそうになっても
0.1秒の露光時間を伸ばすために、自分自身の中でしのぎを削りたい
ブラックアウトするファインダーの中で、0.1秒でも長く、彼らの美しい飛翔を感じたい
ロマンって、そういうもんだと思うんです








d0349418_22264992.jpg








d0349418_22265885.jpg








d0349418_22273422.jpg








d0349418_22275637.jpg








d0349418_22280444.jpg








d0349418_22282113.jpg








d0349418_22301038.jpg








d0349418_22302519.jpg








d0349418_22304343.jpg
上下ブレは無いが、相対速度合わせが上手くいかなかった、という時、このような写真になることがある
絵的(柄的)には面白いかもしれないが、これを作品と認めてしまっては単なる甘えである








d0349418_22340718.jpg








d0349418_22341648.jpg








d0349418_22350719.jpg
流し撮りのシチュエーションごとに難易度のランキングを付けるとしたら
5位:遠ざかってゆく被写体
4位:真横を通過してゆく被写体
3位:斜めパンを要する被写体
2位:こちらに向かってくる被写体
そして1位は、頭上を通ってゆく被写体、である
地球の丸さを否が応にも思い知る瞬間だ
ただ、背景が空色一色となるので、流し撮り表現としてはスピード感がそれほど感じられず
難易度の割には見返りが少ない








d0349418_22404785.jpg








d0349418_22405671.jpg








d0349418_22411499.jpg









d0349418_22413041.jpg
一桁分の1秒の流し撮りでは、スピード感に加え「耽美さ」が求められる
上の写真はその点において、現在今シーズン最高の出来である
が、惜しむらくはピンを外している






d0349418_22484925.jpg









d0349418_22442413.jpg
白鳥は、飛翔の前に相当な気配を発する
そのため、テイクオフのタイミングを掴むのは比較的容易である
が、どの個体が群の先頭を走るのか、そこまでは分からない
だから、最も強く気配を発している個体にねらいを定め、先頭になることを祈るのだが、予測は滅多に当たらない
そうかと言って、テイクオフ後にターゲットをチェンジすることは出来ない。パンが乱れるからだ
そんな時は、まるで競馬のレースが最後の直線に差し掛かった時のように
差せ!差せ!
と念じながらパンするわけであるが、あともう少しのところで差し切らない
はずれ馬券が宙に舞うような気分である


~ 流し撮りバカ一代記・次回に続きます ~

















第2回プラチナブロガーコンテスト




by kobatetuapril | 2017-12-24 23:00 | 白鳥 | Comments(9)
2017年 12月 19日

GRで仁王をRAW撮影してライトルームで現像してみた

タイトル長っ。

ライトルームを導入してみました

きっかけは、GRにはRAW現像環境が無くて(付属ソフトは使い勝手が悪くて面倒)

また、各種エフェクトが面白いので今までJpeg撮影のみでほぼ満足していたのですが

使い慣れてくるほどに「別のエフェクトで撮れば良かった~」という後悔が増え

「それはそれで面倒くさいな」と思うようになったためです

5DⅢで撮影した写真には、純正ソフトDPP4の性能が充分素晴らしいので、今のところ使う予定はありません

ですから、GRのためだけに、ライトルームを買ったのです

どれだけ可愛がられてるんでしょうね、GR

最近は白レンズ付けてる5DⅢより、安っぽいGRの方が愛おしいと思うことさえしばしばです

ライトルームを使ってみた感想ですが

まだまだ全然使いこなせてませんが「なんだ!この魔法のソフトは!」なのであります

いくらでも露光量補正できちゃうし、ノイズリダクションの効果は凄いし、あんな色こんな色で遊べるし

「ズルくね?」って思うほど凄すぎです

では、ライトルームデビュー戦です

被写体は、迷うことなく、先日も撮影したばかりの

長野県長野市・国宝善光寺の仁王

当日は雪が舞っていて絶好のスナップ日和でありましたが、他の被写体には目もくれず仁王門に向かいました

だって、私は仁王を撮りに来たんだから

余計なものを撮って写欲を消費したくなかったのです

広角単焦点なので、前回と構図がだいぶ被る点はご容赦ください

何しろ、APS-CのF2.8広角ですから、ちょっと角度をつけただけで金網が写り込んでしまうのです






d0349418_22460130.jpg
やっぱり最初はこれ
「吽形」の立ち姿
仏像好きにはたまりません
歴史こそまだまだ浅いですが、誇張無しに、東大寺の仁王にだって負けてません
信州が誇る、仏像の、近代彫刻の傑作中の傑作です








d0349418_22522492.jpg








d0349418_22530755.jpg









d0349418_22532289.jpg








d0349418_22533264.jpg








d0349418_22534194.jpg








d0349418_22535066.jpg








d0349418_22540105.jpg








d0349418_22541420.jpg
気付けばこの右手ばかりを撮っています
この右手の表情一つで、もう圧倒的に「吽形推し」なのです








d0349418_22563453.jpg
一方、「阿形」
吽形推しではありますが、こちらの格好良さも尋常ではありません







d0349418_22571856.jpg








d0349418_22575054.jpg








d0349418_22581452.jpg








d0349418_22582762.jpg








d0349418_22584182.jpg








d0349418_22585456.jpg








d0349418_22590461.jpg








d0349418_22591368.jpg








「ズルい!」とは言いましたが、ライトルーム、導入して良かったと思います

撮る楽しみに加えて、現像の楽しみが飛躍的に増しました

表現の幅が広がりそうです

問題があるとしたら、出来ることが多すぎてDPPより手間がかかるのと

現像にハマりすぎて、いつの間にか時間が、信じられないほど経過しちゃってることくらいでしょうか
























by kobatetuapril | 2017-12-19 21:44 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(8)
2017年 12月 14日

三脚で撮ってみた~高ボッチ高原~

「今日から拙者の写真修行小屋は『白鳥の流し撮りバカ一代記』になります宣言」をして以来2週間

拙ブログを訪れてくださった皆様の中には

この休業状態に「どうした?」と思ってくださった方もいらっしゃったかもしれません

実は、流し撮りをする気は満々なのですが、今年の安曇野の白鳥飛来はおそるべき少なさで

昨日12月11日の飛来数は

たった31羽

しかも、これは、2つある飛来ポイントを足した数で、の話なのです

多い年では1000羽を超える白鳥が、たった31羽では、貴重な休日の朝を費やす気には到底なれません

そこで、別の被写体を、と、盛り上がらないテンションで考えた挙句

「高ボッチでも行ってみるか」

となりました



d0349418_21384811.jpg

高ボッチ高原

有名な美ヶ原高原の隣にある、標高1,665メートルの高原です

その名の語感のとおり、頂上に登れば360°のパノラマが広がり

北を向けば美ヶ原高原、西を向けば北アルプス

そして、南には、諏訪湖越しに富士山が見えるという、信州屈指のビュースポット

特に冬季の諏訪湖の夜景と富士山の組み合わせは

これを求めて凍結路をのぼってくるカメラマンが後を絶ちません

でも、私はこの高原まで約1時間弱の家(社宅)に住んでいながら

風景撮影には一度も行ったことがありませんでした

何故か?

早起きが苦手。それもあるけど

三脚が苦手、を通り越して、嫌いだから。です

三脚を立てる作業って、その時その瞬間の感動を風化させちゃうような気がするので

まぁでも、三脚を立てねば物理的に撮れない写真もあるのは確かですし

何しろここは「拙者の写真修行小屋」でもあるので、嫌い意識を抑えて重い腰を上げてみたわけです








d0349418_21580658.jpg


高ボッチと言えば、多くの人が撮るのがこの構図

諏訪湖と、その湖畔の夜景越しの富士山

「高ボッチ」で画像検索すると、似たような画像がわんさか表示されます

私もとりあえず、ということで撮ってみましたが

う~ん。銭湯かな?おじいさんかな?

これはもういいや、と思いました








d0349418_22032001.jpg








d0349418_22032997.jpg







d0349418_22034100.jpg








d0349418_22043781.jpg

そうかと言って良いアイデアがあるわけでもなく

高ボッチはこんなもんじゃないはず・・・

と、モヤモヤした気持ちのまま変えろとしたその時

「彼」に出会ったのです

途方に暮れて帰途に就く私に対し、その彼は、「私を撮りなさい」と語りかけてきたように感じました






翌週

降雪後の快晴、そして、月齢約20の明るい夜






d0349418_22123304.jpg

この樹

これだ、と思いました

前日の雪を纏い、月夜に浮かび上がる姿はサンゴ礁のよう

遠くには諏訪湖畔の町灯りと淡い朝焼けの中佇む富士

標高1,665メートルの高原にいるのに、まるで諏訪湖底にいるかのような感覚

この構図は、数ある高ボッチ写真でも見たことが無い!・・・気がする

しかし、月明りが弱く、樹氷が思ったほどには煌めかない。くすんだ様な写りである

どうしたものか

その時、寒さでちぎれ飛びそうな手をダウンジャケットのポケットに突っ込むと

私の手が確かに掴んだのです

ここまで歩いてくるときに使った、貧弱なポケットLEDライトを




ISO1250、F3.2、星の日周運動を抑制するために、シャッターは10秒

か弱いLEDが、樹氷を撫でました

10秒の時を経ておりるシャッター

ローアングルに三脚設置したカメラのモニターを確認するため、雪面に跪きました











d0349418_22222537.jpg

この樹を目の前に据えて撮影していたのは私一人だけ

多くのカメラマン達は、先週私が撮影していたポイントで三脚を並べていました

自分の白い息越しに映ったモニターの絵に、ガッツポーズしました







d0349418_22334108.jpg

夢の様な時間は、あっという間に終了

10分後には、富士を浮かび上がらせていた淡い朝焼けが明るくなり

いかにLEDを照射しようとも、二度とあのバランスの絵にはなりませんでした








d0349418_22373878.jpg








d0349418_22375881.jpg








d0349418_22380891.jpg








d0349418_22382724.jpg








d0349418_22383640.jpg

この時間帯、日の出が迫るほどに寒さが増すようでした






d0349418_22384825.jpg







d0349418_22392024.jpg

地球って、本当に丸いんだな








d0349418_22400403.jpg



たまには有名撮影地も、三脚撮りもイイものですね































by kobatetuapril | 2017-12-14 21:16 | 風景・スナップ | Comments(12)
2017年 12月 02日

2018・流し初め








私は、動く被写体(モータースポーツは除く)の撮影にはこだわりを持っているつもりです

そして、その中でも、ある意味突き抜けてこだわっているのが

『白鳥の流し撮り』

です

昨年は安曇野市で鳥インフルエンザ騒動があり飛来地への進入禁止措置があったため撮影できませんでしたが

その鬱憤を晴らす想いで、今年は始動を早めに行い、12月第一土曜日の今日、出撃してまいりました

私が白鳥の撮影を行っているのは安曇野市明科にある「御宝田遊水池」です

多い年には数百羽の飛来がありますが、今年はまだ、たったの13羽

一つの群が概ね4~5羽以上から、といった単位ですので

飛翔シーンをねらえるチャンスは、たったの3回しかありませんでした

現在、私の白鳥流し撮りスキルの限界値は

5分の1秒

です

三脚や照準器は使いません。腰の回転のみで相対速度合わせを行います

照準器の使用は流し撮りの楽しみをスポイルしますし

三脚は、そもそも白鳥の飛翔が単純な横パンではないので、使いものにならない、と、私は思ってます

シャッターは、はっきり言って、20分の1秒程度であれば、止まってるモノを撮るような感覚です

しかし、流しの美しさが際立ってくるのは、最低でも10分の1秒からです

それより速いシャッターでは、被写体ブレに毛が生えた程度の描写にしかなりません

ですので今回は、シャッターチャンスが少なく、また、試運転ということもあり、さすがに限界値ではありませんが

6分の1秒

で撮影してきました

いずれもノートリでアップします






1回目


d0349418_22032656.jpg
EF100-400mm F4.5-5.6 IS Ⅱ USMのテレ端で撮影
後ろ2羽に意識を集中させてパンするべきところ
先頭を行く灰色の若鳥に気を取られ、構図が乱れてしまった
パンの安定度は及第点だと思う








2回目


d0349418_22081387.jpg

こちらもテレ端
1回目の反省点を活かし成鳥に意識を特化できたまでは良かったが
先頭の若鳥の頭がカットされたのが痛い
パンは安定しているが、頭部の揺れ等、テイクオフ時ならではのブレが目立つ
これはシャッターを一桁分の1秒に設定した時ならではの苦悩ポイントである
テイクオフ時、白鳥は体全体を使って羽ばたくので
正確なパンさえしていれば整った絵になる、という訳にはいかないのである
正確なパンは大前提で、そこに、被写体が上下等ブレを起こさない、という
が、まことに多大に関わってくる








3回目(この日最後のテイクオフ)


d0349418_22185019.jpg

やはりテレ端
その「運」が働き、頭部の描写がだいぶ整ったものになった
斜めパンも安定している
が、画角が狭すぎた
最後尾の1羽が切れていることは問題ない(かえって、良い)が
空色と白鳥の飛翔を映し込んだ水面が、もっと入っていればよかった
安定はしているが、絵に面白みがない






どうも、テレ端使用が良くない結果を招いているように思う

次回は、250mmくらいで、トリミングも視野に入れた撮影をしてみようか







ということで、白鳥が北帰行するまでのしばらくの間、「拙者の写真修行小屋」は

流し撮りバカ一代記

みたいなブログになりますが、どうかお付き合いを頂けましたら幸いです




















by kobatetuapril | 2017-12-02 22:37 | 白鳥 | Comments(7)
2017年 12月 02日

櫛を挽く~木曽郡木祖村藪原宿 ‘‘ お六櫛 ‘‘職人北川聰さん ~





昔々、木曽は妻籠宿の旅籠の娘「お六」は、頭痛に悩まされていました

そこでお六はある日、御嶽大明神に願掛けを行ったところ

「ミネバリの木で櫛をつくり、髪をすくがよい」

というお告げを受けました

そこでお六は、藁にもすがる想いで、お告げのとおり櫛をつくり髪をすいたところ

嘘のように頭痛が治ったのだそうです

その噂は街道の人々の間に広まり

いつしかミネバリの櫛は「お六櫛」と呼ばれるようになった、ということです






d0349418_23230621.jpg


というのが、私たちの祖先である櫛職人のつくり話です

「御嶽大明神のお告げにより」

っていうのが、いかにも木曽的でしょう






d0349418_23244672.jpg







d0349418_00230814.jpg







d0349418_23250474.jpg

これがミネバリの樹を櫛の概形に木取ったものです

ミネバリは、別名を「オノオレカンバ(斧折れかんば)」といいます

斧も折れるほど固い樹、ということです

比重も重くて、水に浮かべようとしても沈んでしまうほどです







d0349418_23282693.jpg

では、これから櫛を挽きますよ








d0349418_23285892.jpg

あ、写真を撮るのであれば、帽子を脱ぎましょうか


















d0349418_00235972.jpg

















d0349418_00244978.jpg








d0349418_23331229.jpg

櫛の歯が均等に挽かれていることに驚いているようですね

実は、このノコギリにちょっとした仕掛けがあるのです

大きな刃の隣に、もう一つ小さな刃があるでしょう

櫛の歯を挽くときこの小さな刃が、次の歯挽きの目安を付けるわけです








d0349418_23373788.jpg

でも、それだけでは平行な歯を幾筋も引いていくことは出来ません

そこで、左手の人差し指が大切な役割を果たします

お蕎麦を切るとき、包丁に木の板を当てるでしょう

櫛の歯挽きでは、この人差し指が、板の役割を果たしているのです
















d0349418_00261451.jpg









d0349418_00264156.jpg








d0349418_00023676.jpg









歯挽きの跡に行う工程が「歯擦り」です

歯先や歯間に丸みをつける、ヤスリ掛けみたいなものです








d0349418_23484812.jpg

これが歯擦りに使う道具です

木の棒に、植物の「トクサ」を貼ったもので

丁度よい擦り加減が得られるのです









d0349418_23505338.jpg









d0349418_23512761.jpg








d0349418_23511572.jpg
















d0349418_23542647.jpg
























d0349418_23550630.jpg

この工程を表裏面に行うことで櫛の概形が出来上がります

この後、磨きや油ひきを施して完成となるのです








d0349418_23592676.jpg























d0349418_00321781.jpg

いかがでしたか

享保の昔からお六櫛の技法は脈々と受け継がれ

昭和48年には信州の無形文化財に、その後・昭和57年には長野県の伝統工芸品にも登録されました

私がつくったお六櫛が、海を渡り、モナコ公国の公女様に献上されたのは、ちょっとした自慢です

それは置いときまして、お六櫛がこの先の未来でも‘‘実用品‘‘として

女性の美しい髪をすいてゆくことが、私たちの願いです

身近に、使われ続けてこその伝統なのです













































































by kobatetuapril | 2017-12-02 00:33 | 職人 | Comments(0)