拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 30日

社宅にて Part2 ~我が家~









d0349418_22134328.jpg







d0349418_22140190.jpg







d0349418_22141277.jpg







d0349418_22142260.jpg







d0349418_22143295.jpg







d0349418_22144151.jpg







d0349418_22145155.jpg







d0349418_22150115.jpg







d0349418_22151255.jpg







d0349418_22152373.jpg







d0349418_22153463.jpg







d0349418_22154427.jpg







d0349418_22160478.jpg







d0349418_22161328.jpg







d0349418_22162391.jpg







d0349418_22163938.jpg







d0349418_22165129.jpg







d0349418_22170177.jpg







d0349418_22171161.jpg







d0349418_22172181.jpg







d0349418_22173128.jpg




家庭のお供に、RICOH GR




さて、一日の始まりです











by kobatetuapril | 2017-11-30 22:21 | 家族写真 | Comments(2)
2017年 11月 29日

GRで仁王を撮ってみた







ちょっと用事があって長野市に行ったついでに、善光寺参りに行ってきました






d0349418_21290561.jpg

仁王門








d0349418_21325196.jpg








d0349418_21382117.jpg

善光寺の仁王門は西暦1918年(大正7年)建立

仁王像は高村光雲(「智恵子抄」で有名な高村幸太郎の父)と、米原雲海の合作です




~GRで仁王を撮ってみた~


 開始


せっかくですから、全てノートリでアップしてみます








d0349418_21403357.jpg









d0349418_21411030.jpg

善光寺の仁王は、多くの仁王がそうであるのと同様

周りに金網が張り巡らされていますので、GRのレンズを金網に押し当てるようにして撮影します

(上2枚は、フラッシュ撮影して金網をあえて写し込んだもの)

APS-C・28mm・F2.8は、ちょっと気を抜くとすぐに金網が写り込んでしまいます

身長181cmの私が、小さなGRを持って金網に張り付き、神妙な顔つきで構図を模索しているわけですから

観光客は仁王の立派さに感嘆した後、私の様子を見てギョッとした表情で通りかかってゆくわけです

まぁ、気にしない気にしない・・・








d0349418_21462182.jpg

阿形








d0349418_21464935.jpg

吽形








d0349418_21473193.jpg








d0349418_21474202.jpg








d0349418_21483546.jpg








d0349418_21484454.jpg

吽形のこの右手が、とにかく好きである






d0349418_21490950.jpg








d0349418_21491857.jpg








d0349418_21493582.jpg








d0349418_21494469.jpg



あぁ・・・仁王、カッコいいよ仁王・・・











by kobatetuapril | 2017-11-29 22:00 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(5)
2017年 11月 27日

箸を染む Ⅲ ~漆工町木曽平沢より「漆芸巣山定一」~







最終回






d0349418_21531661.jpg







d0349418_21533768.jpg







d0349418_21535067.jpg







d0349418_21540752.jpg







d0349418_21542424.jpg






打ち込む姿勢が、眼差しが、真剣で鋭いほど

微笑みの味わいは、深く、豊かに、そして美しくなるのだろう







箸を染む




~ 完 ~







by kobatetuapril | 2017-11-27 22:01 | 職人 | Comments(4)
2017年 11月 25日

デート ~松本市・アルプス公園~









d0349418_21450953.jpg


カミさんが家出(ウソ 友達とお茶のため子守を実施

松本市アルプス公園

口コミで選ぶ『行ってよかった無料観光スポット』全国第11位(ビミョー

親バカ&枚数バカ多につき閲覧注意








d0349418_21490103.jpg








d0349418_21492584.jpg









d0349418_21494487.jpg







d0349418_21495311.jpg







d0349418_21502064.jpg







d0349418_22041131.jpg








d0349418_21505257.jpg







d0349418_21510625.jpg







d0349418_21511678.jpg







d0349418_21514006.jpg







d0349418_21515084.jpg







d0349418_21532750.jpg








d0349418_21521313.jpg







d0349418_21522540.jpg







d0349418_21524807.jpg







d0349418_21530328.jpg







d0349418_21531347.jpg







d0349418_21540962.jpg







d0349418_21543497.jpg







d0349418_21544494.jpg







d0349418_21551168.jpg







d0349418_21552514.jpg







d0349418_21553487.jpg







d0349418_21554420.jpg







d0349418_21555307.jpg







d0349418_21560394.jpg







d0349418_21561109.jpg







d0349418_21562093.jpg







d0349418_22071499.jpg







d0349418_21564394.jpg







d0349418_21571021.jpg







d0349418_21572542.jpg







d0349418_21570244.jpg







d0349418_21574468.jpg







d0349418_21575587.jpg







d0349418_21581689.jpg







d0349418_21582957.jpg








d0349418_21584262.jpg







d0349418_21585106.jpg



さて、帰ろうか







撮影RICOH GR

カラーJpegで撮影のものを、モノクロ変換
















by kobatetuapril | 2017-11-25 22:10 | 家族写真 | Comments(10)
2017年 11月 24日

箸を染む Ⅱ ~漆工町木曽平沢より「漆芸巣山定一」~











d0349418_21261357.jpg










d0349418_21374008.jpg









d0349418_21265369.jpg









d0349418_21270708.jpg









d0349418_21273972.jpg









d0349418_21274944.jpg









d0349418_21280012.jpg









d0349418_21281253.jpg









d0349418_21282237.jpg









d0349418_21283163.jpg






工房の空気は、時計の分針がわずかな音をたてて時を刻んでゆく様子と、どこか似ていると思った











by kobatetuapril | 2017-11-24 21:39 | 職人 | Comments(4)
2017年 11月 23日

昇秋 Ⅱ ~奈良井宿・晩秋~












d0349418_21113953.jpg






d0349418_21121417.jpg







d0349418_21132193.jpg








d0349418_21133959.jpg







d0349418_21195015.jpg








d0349418_21135588.jpg








d0349418_21202772.jpg








d0349418_21140513.jpg







d0349418_21141451.jpg







d0349418_21150385.jpg








d0349418_21142950.jpg








d0349418_21161215.jpg








d0349418_21144556.jpg







d0349418_21155340.jpg







d0349418_21165036.jpg







d0349418_21172086.jpg







d0349418_21182657.jpg




晩秋の街道を彩りし花たちに捧ぐ

























by kobatetuapril | 2017-11-23 21:23 | 奈良井宿 | Comments(1)
2017年 11月 22日

箸を染む Ⅰ ~漆工町木曽平沢より「漆芸巣山定一」~










d0349418_22225433.jpg







d0349418_22232577.jpg







d0349418_22254017.jpg







d0349418_22263301.jpg







d0349418_22264415.jpg







d0349418_22265247.jpg







d0349418_22270064.jpg
漆は、特に国産のものは、採取できる量が極端に少ないという

そのため、余った分は器に入れ、ラップを被せて保管し、次の作業で再度使用するのだが

保管の間に、どうしても小さなごみや、乾燥した漆の塊が紛れ込む

それらを漉(こ)して、綺麗な漆を搾り出すのが、この漆漉し(うるしこし)という作業工程である








d0349418_22271512.jpg
漆漉しが終わると、持っていた箆(へら)を洗う

箆は、天然林で育った「官材」の檜製で、巣山さんが自身の手で削り上げたハンドメイドである

官材に対し、人の手が加わって育った檜を「民材」というが

成長が遅い分年輪が詰まった官材は、民材に比べ粘りがあり、割れにくく、職人の手に馴染むのだという








d0349418_22273167.jpg
漆漉しの説明を頂いたとき

「勿体ないから、漉して使うんです」

という言葉に胸を打たれた

漆は、何十年もかけて育った樹から、人の涙程度の量しか採取されないのだという

勿体ない

ものを造るからこそ、ものを大切にする

漆の樹が、その身を傷だらけにして搾り出した樹液を、最後の一滴まで使う

命の源である飯を胃袋へといざなう最後の食器・一膳の「箸」は、そんな想いによって造られてゆく










by kobatetuapril | 2017-11-22 23:09 | 職人 | Comments(0)
2017年 11月 21日

社宅にて~我が家~






築・うん十年の伝統的家屋

※ 注) カミさんすっぴん







d0349418_22041526.jpg







d0349418_22045252.jpg







d0349418_22051465.jpg







d0349418_22081178.jpg







d0349418_22101038.jpg








d0349418_22053500.jpg







d0349418_22055718.jpg







d0349418_22062627.jpg








d0349418_22064221.jpg








d0349418_22142425.jpg








d0349418_22071121.jpg








d0349418_22125468.jpg







d0349418_22131521.jpg







d0349418_22140268.jpg








d0349418_22265488.jpg








d0349418_22072923.jpg







d0349418_22162774.jpg








d0349418_22073952.jpg







d0349418_22075453.jpg







d0349418_22090461.jpg







d0349418_22091497.jpg







d0349418_22092948.jpg








d0349418_22095216.jpg







d0349418_22105207.jpg







d0349418_22110636.jpg







d0349418_22112546.jpg







d0349418_22113576.jpg







d0349418_22115994.jpg







d0349418_22120949.jpg





以上、我が家からお送りしました




























by kobatetuapril | 2017-11-21 22:19 | 家族写真 | Comments(11)
2017年 11月 20日

予告編・箸を染む ~漆工町木曽平沢より「漆芸巣山定一」~





~ 予告 ~






d0349418_21485501.jpg

小林さん









d0349418_21492566.jpg

漆器って、器って、結局何だと思いますか?









d0349418_21495878.jpg

人は飯を食わなきゃ生きていけないでしょう









d0349418_21511914.jpg









d0349418_21513265.jpg

私は、胃袋に、体内に飯をはこぶのが器だと思ってます





漆職人・巣山定一














by kobatetuapril | 2017-11-20 22:00 | 職人 | Comments(4)
2017年 11月 19日

昇秋 Ⅰ ~奈良井宿・晩秋~








11月11日

大雨 のち 小雨 強風 寒






d0349418_22411857.jpg







d0349418_22414899.jpg







d0349418_22420729.jpg








d0349418_22430609.jpg







d0349418_22434087.jpg






石本玉水・石本則男氏を撮影させて頂いた日の早朝に撮影した、旧中山道・奈良井宿です

山肌を彩っていたカラマツの黄葉は茶色へと変わり

秋の名残り達が、木枯らしに吹かれ、木曽谷を渡っておりました

















by kobatetuapril | 2017-11-19 22:53 | 奈良井宿 | Comments(3)