拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 10日

豊穣への一箭~大町市若一王子神社・子供流鏑馬~


町市・若一王子神社の子供流鏑馬
五穀豊穣を祈って行われる、800年の歴史を誇る神事であり
京都の加茂神社・神奈川の鶴岡八幡宮の流鏑馬とともに
我が国の三大流鏑馬の流鏑馬の一つに数えられる
信州の無形民俗文化財である


午後2時
大糸線・信濃大町駅前のロータリーにて、奉射の一射目が行われる

d0349418_21294429.jpg




d0349418_21310978.jpg




d0349418_21312019.jpg




d0349418_21313063.jpg




d0349418_21334540.jpg



d0349418_21340518.jpg



一射目を終えた射手は、この後午後4時まで休憩
この時間が長い!
とりあえずこちらも、駅前のラーメン屋さん「豚のさんぽ」さんで腹ごしらえである
d0349418_21341390.jpg


待ちに待った午後4時

d0349418_21370236.jpg


射手の子供は地面に足を着いてはならない、という決まりがあるらしく
私の世代にはなじみ深い「騎馬戦」スタイルで馬に向かう
d0349418_21380324.jpg


早くもこう言ってしまうので何だが、私は奉射のシーンより
この騎馬戦の時の空気が一番好きである
街の子供を、大人全員が大切に育てているという
今では忘れがちな日本人らしさが感じられるからだ
そして、この人だかり
商店街ではシャッターが目立ち始めている地域であるが
この街にはこんなに多くの人々がいて
こんなにも多くの笑顔があったのか、と驚く
d0349418_21395091.jpg


たまらない笑顔である
ファインダーを覗きながら口元がほころぶ自分に気が付き
思わず恥ずかしくなる
d0349418_21451667.jpg




d0349418_21452589.jpg




d0349418_21465549.jpg




d0349418_21470679.jpg




d0349418_21471494.jpg




d0349418_21472455.jpg




d0349418_21473466.jpg


この日の天気は曇り時々雨の繰り返しであった
昨年は快晴で、陣羽織を羽織る子供には過酷な環境であったかもしれないが
カメラマン的な贅沢を言わせてもらうと、それでもやはり日差しが欲しい
d0349418_21474305.jpg


奉射2射目
それにしても、何とも写真映えする少年である
d0349418_21501502.jpg




d0349418_21514375.jpg

雨の中でも笑顔笑顔の皆さんがいらっしゃってくださったのが
とても嬉しかった
人の子供のためにこんなに笑顔になれることを羨ましく思う
d0349418_21535996.jpg




d0349418_21540715.jpg




d0349418_21541792.jpg




d0349418_21542701.jpg




d0349418_21543705.jpg




d0349418_21545183.jpg


3射目

d0349418_21550892.jpg




d0349418_21551733.jpg


最後は、神社の境内で3射を放つ
この撮影では機動力重視のため70-300/F4ー5.6一本で挑んでいたため
雨天での薄暗がりの境内では、ISOが10000~12800に達し
実に苦しいコンディションだった
ただ、このレンズのいいところは
軽いことと、「開け過ぎ」という状況がほとんど無いことである
何も考えずに開放で撮影していても、それなりの絵になってくれる
人物撮影において、設定とシャッターチャンスという2大要素があるとしたら
このレンズは後者に感覚の比重をおける、という良さがある
F2.8通しのレンズではそうはいかない
なので、70-200/F2.8を入手後も、出番が多いのはこちらのレンズになっている
d0349418_21582056.jpg




d0349418_21582949.jpg



全ての奉射を終え、一安心の子供射手
d0349418_22035895.jpg




d0349418_22040730.jpg





d0349418_22050479.jpg


豊穣への一箭

d0349418_22051493.jpg



~ 完 ~


最後に
撮影およびブログ掲載のご許可を下さったお父様
並びに
雨の中でも終始素敵な笑顔で射手だけでなく1カメラマンの私にも
元気を下さった白塩町の皆様に深く感謝を申しげます
ありがとうございました











by kobatetuapril | 2017-08-10 22:13 | 風土 | Comments(0)
2017年 08月 08日

漆黒を見極む~漆工町木曽平沢・巣山元久さん~


木曽平沢

重要伝統的建造物群保存地区にして、伝統工芸・木曽漆器の総本山である


その、一工房にて


d0349418_21072358.jpg





d0349418_21073938.jpg




d0349418_21074846.jpg




d0349418_21075749.jpg




d0349418_21081348.jpg




d0349418_21082110.jpg




d0349418_21083030.jpg




d0349418_21083865.jpg




d0349418_21084802.jpg




d0349418_21085697.jpg




d0349418_21091658.jpg




d0349418_21092565.jpg




d0349418_21093549.jpg




d0349418_21094634.jpg




d0349418_21095752.jpg




d0349418_21100879.jpg




d0349418_21102066.jpg




d0349418_21103251.jpg




d0349418_21104161.jpg




d0349418_21104902.jpg




d0349418_21110004.jpg




d0349418_21111852.jpg




d0349418_21112508.jpg




d0349418_21113496.jpg




d0349418_21114742.jpg




d0349418_21115752.jpg




d0349418_21120491.jpg




d0349418_21121401.jpg




d0349418_21122296.jpg


室内には、FMラジオが流れている

「オシャレな工房ですね」

「明かりをつけると、ラジオも自動でつくようになっているんだよ」

「今日はジャズが流れているね」


d0349418_21123389.jpg




d0349418_21124388.jpg




d0349418_21125188.jpg




d0349418_21131098.jpg




d0349418_21132026.jpg




d0349418_21132847.jpg




d0349418_21133616.jpg




d0349418_21134676.jpg




d0349418_21135995.jpg


60年を上回る歳月繰り返されて来た作業

皹の様な年輪が刻まれた爪

その皹に、漆の色素が浸透している

壮絶な手に、憧憬を覚える
d0349418_21141097.jpg


塗りをしている旦那さんの目は

いくらカメラをローアングルに構えても閉じているように見えた

立ち上がったり、顔を上げたりするときはしっかりと開いているので

おそらく、塗りをするとき独特の表情なのであろう

カメラマンにとって「瞳」は重要な要素である

被写体の意識の行方を見る側に伝えるものだから、であり

だからこそ、人物カメラマンは瞳を追いかけるのである


塗りをしているときの旦那さんに瞳は

まぶたが降り、閉じているように見える

彼はそのようにして、60余年もの間

「漆黒」と言われる色と輝きの質を見極めてきた
d0349418_21141977.jpg





 漆黒を見極む 



~ 完 ~





by kobatetuapril | 2017-08-08 21:27 | 職人 | Comments(0)
2017年 08月 01日

ある日・美ヶ原


d0349418_21550672.jpg



d0349418_21553621.jpg



d0349418_21554978.jpg



d0349418_21560311.jpg



d0349418_21562124.jpg



d0349418_21563359.jpg



d0349418_21564373.jpg



d0349418_21565330.jpg



d0349418_21570468.jpg



d0349418_21572103.jpg



d0349418_21574071.jpg



d0349418_22012312.jpg



d0349418_21575029.jpg



d0349418_21580098.jpg



d0349418_21581547.jpg



d0349418_21582419.jpg



d0349418_21592073.jpg



d0349418_21593433.jpg



d0349418_21584084.jpg



d0349418_21585485.jpg



d0349418_21590388.jpg

今思い返せば、レンゲツツジのピークはこの日だったんじゃないかな?
と想うわけですが
たまにはこんな、力まないカメラ日和もあってもいいかもしれません


by kobatetuapril | 2017-08-01 22:02 | 風景・スナップ | Comments(0)