拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 29日

季節は駆けおりぬ~美ヶ原高原秋景~

近頃ブログの時系列がすっかりめちゃくちゃなような気もしますが
ふり返ってみるという意味で、美ヶ原高原の秋景色を投稿してみます

美ヶ原高原の王ヶ鼻は、松本市街地からも
私が住んでいる安曇野市からもよく見えます

あがたの森公園より、美ヶ原王ヶ鼻遠望
d0349418_21251983.jpg

晴れた日、遠くに高原の色付く様子が見えてくると
もうすぐ里にも秋が来るのだなと思うと同時に
夏や春が、里から高原へと登りゆく季節であるのに対し
秋とは
あの高原から松本平へと降り来る季節なのだな、とも感じます
静かな季節というイメージですけど
四季を追いかけるカメラマンにとっては
まさに逆落としの如く、勢いを持ってやってくるのが、秋です


10月18日

d0349418_21323071.jpg




d0349418_21482185.jpg


稲刈りがほぼ終了した松本平の田園

d0349418_21381979.jpg


この高原尾初夏を、一面のオレンジ色で彩ったレンゲツツジ
慎ましく、優しい色合い


d0349418_21354928.jpg


美ヶ原の紅葉(黄葉)の主役はカラマツですが
この頃はまだ緑色を保っていました
遠く里山に、銀杏の紅葉がポツンと見えてたのが印象的でした

d0349418_21390452.jpg


毎年、ここの場所から、レンブラント光線をバックに紅葉を撮影するタイミングを追いかけています
今年も、行ける時は足しげく通いましたが、これが限界でした
翌週、この紅葉はもう舞い散っていました

d0349418_21414827.jpg




d0349418_21435022.jpg




d0349418_21440425.jpg




d0349418_21441896.jpg




d0349418_21442945.jpg




d0349418_21443998.jpg




d0349418_21452420.jpg


レンゲツツジ、ニッコウキスゲ、ヤナギラン・・・
様々なスターフラワー達が彩ってきた高原に
ラストランナー・マツムシソウが咲いていました
草紅葉を背景に、遥かな北アルプスを見つめる絶滅危惧種のその姿は
一層、楚々として見えました

d0349418_21453963.jpg


白樺の枝の、高密度に折り重なる様が、なんとも美しい

d0349418_21484703.jpg




d0349418_21501118.jpg




d0349418_21502336.jpg



d0349418_21505110.jpg




d0349418_21503380.jpg



夕焼けの頃

d0349418_21513999.jpg




d0349418_21522748.jpg




d0349418_21525160.jpg


天空の城と比喩される、王ヶ頭の電波塔群
これほど大自然に馴染む大型建造物は類がない

d0349418_21532043.jpg




d0349418_21543100.jpg




d0349418_21544492.jpg




d0349418_21552250.jpg




d0349418_21553763.jpg





10月24日


下界から見上げた、薄雲に覆われていた空の上
大キレットが見えました

d0349418_21555772.jpg


紅葉はほぼ散り終え

d0349418_21582986.jpg


代わりに、落葉松が色付き始めていました

d0349418_21590040.jpg




d0349418_21592668.jpg




d0349418_21593933.jpg




d0349418_21594818.jpg


独立峰・乗鞍岳に入る秋の陽

d0349418_22000440.jpg


青く染まる「大峡谷」

d0349418_22002569.jpg




d0349418_22012861.jpg





11月3日



d0349418_22033271.jpg



薄明に浮かび上がるカラマツの黄葉

d0349418_22040049.jpg


日の出
遥か遠く遠くに、浅間山と碓氷峠

d0349418_22044798.jpg




d0349418_22045783.jpg




d0349418_22051120.jpg




d0349418_22062492.jpg




d0349418_22063799.jpg




d0349418_22072575.jpg


まるで、海の底のような、白樺の世界

d0349418_22070476.jpg


黄葉カラマツとのコントラストが美しい時間

d0349418_22081021.jpg




d0349418_22082062.jpg




d0349418_22085783.jpg




d0349418_22091133.jpg


多くのバイク乗り達がメッカとして愛してやまない
極上のワインディングロード
ゆく手を彩る黄葉
美ヶ原を舞い降りる、竜の背びれのよう

d0349418_22092031.jpg




~ 季節は駆けおりぬ ~


~ 完 ~

















































by kobatetuapril | 2016-11-29 22:19 | 風景・スナップ | Comments(0)
2016年 11月 24日

朱の門~霊松寺の山門とドウダンツツジ~



今年の秋は我が愛すべきあがたの森に最比重を置きましたが
ブログのネタまでに、ということで
大町市の紅葉名所・霊松寺
こちらにも行ってみました

d0349418_18051900.jpg




d0349418_18065674.jpg




d0349418_18074249.jpg




d0349418_18081690.jpg



嘉永5年(西暦1852年)に建築された山門
松川村のお寺にあったものを移築したものだそうです
長野県には貴重な本格的な社寺建造物です
d0349418_18084351.jpg




d0349418_18165582.jpg




d0349418_18133511.jpg




d0349418_18140217.jpg



獅子頭彫が見事

d0349418_18135139.jpg


高密度のドウダンツツジに映えます

d0349418_18145395.jpg




d0349418_18152356.jpg




d0349418_18161586.jpg





d0349418_18154478.jpg




d0349418_18164881.jpg




d0349418_18182604.jpg


一方の背景には天然記念物の
オハツキイチョウ
が立っています
一般的なイチョウの変異種で
日本全国でも数十本しか無いのだとか

d0349418_18174898.jpg




d0349418_18254762.jpg


葉に重なるように(付くように)して銀杏が成るのが名の由来だそうで
約10%の確率でそういった形の実が見れるそうです
見つけられますか?

d0349418_18184128.jpg




d0349418_18260417.jpg




d0349418_18264455.jpg


イチョウは、緑から黄色へのグラデーションが進む
この頃が一番美しいと思います

d0349418_18271111.jpg




d0349418_18281564.jpg




d0349418_18291604.jpg




d0349418_18311335.jpg



安曇平以北ではまぎれもない紅葉の名所であり
メジャーな撮影スポットでありますが
なぜか、写欲があまり湧きませんでした
見返してみても、写真に熱が無く
思い返してみても、トキメキがよぎりません
結果はどうあれ、やはり写真は、被写体を心底好きになって
楽しんで撮ることが大事なんだな、と思います




by kobatetuapril | 2016-11-24 18:41 | 風景・スナップ | Comments(0)
2016年 11月 19日

めぐり、逢う季節に・Ⅱ~あがたの森・秋景~




11月6日


燃え上がるような秋色へはもう一歩
グラデーション的な美しさとしてはこの頃がピークであったかもしれない


d0349418_08185354.jpg



d0349418_08120002.jpg



d0349418_08124519.jpg



d0349418_08133416.jpg



d0349418_08131651.jpg



d0349418_08121826.jpg



d0349418_08122787.jpg



d0349418_08211779.jpg


柔らかな陽光がありがたかった

d0349418_08141780.jpg



d0349418_08150616.jpg



d0349418_08145931.jpg

3日前はあれほど静かだった校内を
讃美歌や、若々しい吹奏楽の音が入り混じり、渡っていた
自分自身の足音がメトロノームの様に響き、心地よかった
歌の合間に、談笑が聞こえては、再び奏でていた

秋の休日を、熱心なファゴットレッスンに費やす学生
d0349418_08242864.jpg



d0349418_08253601.jpg



d0349418_08254517.jpg



d0349418_08255254.jpg



d0349418_08260111.jpg



d0349418_08261583.jpg



d0349418_08262326.jpg

そういえば、もうすぐ七五三

d0349418_08261169.jpg



d0349418_08272156.jpg



d0349418_08273006.jpg



d0349418_08273782.jpg



d0349418_08274549.jpg



d0349418_08275244.jpg



d0349418_08280406.jpg



d0349418_08281848.jpg



d0349418_08283237.jpg



d0349418_08284255.jpg



d0349418_08285175.jpg



d0349418_08290261.jpg



d0349418_08294266.jpg



d0349418_08295013.jpg



d0349418_08300308.jpg



d0349418_08295998.jpg



d0349418_08301713.jpg



d0349418_08302661.jpg




11月13日・最終撮影




d0349418_08313558.jpg




d0349418_08314585.jpg




d0349418_08333273.jpg




d0349418_08320366.jpg




d0349418_08321323.jpg




d0349418_08323565.jpg




d0349418_08324441.jpg




d0349418_08332095.jpg




d0349418_08345323.jpg




d0349418_08340268.jpg




d0349418_08341180.jpg




d0349418_08342172.jpg




d0349418_08342956.jpg




d0349418_08343826.jpg




d0349418_08344776.jpg




d0349418_08351712.jpg




d0349418_08352840.jpg




d0349418_08353669.jpg




d0349418_08354423.jpg




d0349418_08355320.jpg




d0349418_08360931.jpg




d0349418_08360222.jpg




d0349418_08363462.jpg




d0349418_08364248.jpg


春の色が淡くなったとき
あれほど待ち遠しかったのに、気付けばあっという間だった、と思った
夏の終わりは
うだる日々の過ぎ去りしことに安堵しつつも、名残惜しかった
秋は
また、この昇り・舞う、あたたかな季節に逢いたい、と思う

季節は不思議だ
単なる月日の流れに、どうして人はこうも色々なことを想うのだろう


d0349418_08365154.jpg


冬は
どんな想いが巡るだろう


めぐり、逢う季節に




~ 完 ~

















by kobatetuapril | 2016-11-19 08:50 | 風景・スナップ | Comments(0)
2016年 11月 18日

めぐり、逢う季節に・Ⅰ~あがたの森・秋景~




秋、あがたの森に、足しげく通った




10月22日


d0349418_22465153.jpg




d0349418_22470730.jpg




d0349418_22472538.jpg




d0349418_22474554.jpg


春に撮影した枝垂れ桜
黄色の葉が星のように点在する、独特の染まり方

d0349418_22492423.jpg


その星々を見上げていると
廊下越しに、青春の音色が聞こえてきた
練習の邪魔になってしまうだろうか、と思いつつ
写真を撮らせて頂いた
もし彼女が、この、愛するあがたの森から
音楽家として大きく羽ばたく日が来るとしたら
それはどんなに素晴らしいことだろう、と思います
頑張ってください

d0349418_22512786.jpg




d0349418_22511906.jpg




d0349418_22550105.jpg



d0349418_23084356.jpg




d0349418_22555748.jpg




d0349418_22561452.jpg


時にけだるそうに
時に活発に
追いかけては見上げる先に
移ろいのグラデーション



d0349418_22562752.jpg




d0349418_22585529.jpg


深まる日々がやってきた

d0349418_22593789.jpg





10月31日



d0349418_23011158.jpg




d0349418_23012934.jpg




d0349418_23014082.jpg




d0349418_23020749.jpg




d0349418_23022178.jpg




d0349418_23045603.jpg




d0349418_23050857.jpg




d0349418_23053154.jpg




d0349418_23060839.jpg


d0349418_23072558.jpg



d0349418_23073940.jpg




d0349418_23074850.jpg




d0349418_23080193.jpg




d0349418_23081741.jpg





d0349418_23055391.jpg



d0349418_23141117.jpg


あがたの森の季節は、美ヶ原高原から降り来る

d0349418_23023526.jpg




d0349418_23034457.jpg




d0349418_23035426.jpg




d0349418_23100862.jpg




d0349418_23102375.jpg




d0349418_23104509.jpg

この歳になれば今更直しようもないが
とてつもない人見知りである
勇気を出してモニターを御覧に入れると
こころよく承知してくださった
大げさかもしれないけど
これだけのことで心が温まるのを感じた
自分の足取りが、どこか浮かれた感じであるのが
可笑しくも嬉しかった


d0349418_23105881.jpg



d0349418_23170364.jpg




11月3日


銀杏の緑から黄色へのグラデーションが顕著
日照条件が染まり加減に与える影響がよく分かる光景

d0349418_07485436.jpg




d0349418_07594418.jpg




d0349418_07595336.jpg


旧校舎は休日閉館中で、中に入ることは出来なかった
窓越しの、さらに窓越しに、秋色を撮ってみた
し~んと、一際静まり返っているように感じた

d0349418_08000454.jpg




d0349418_08010062.jpg




d0349418_08013575.jpg




d0349418_08015880.jpg



d0349418_08021852.jpg



d0349418_08023218.jpg



d0349418_08014702.jpg




d0349418_08024898.jpg



d0349418_08025798.jpg



d0349418_08030812.jpg



d0349418_08031819.jpg



d0349418_08032698.jpg




第2部に続く


















by kobatetuapril | 2016-11-18 23:21 | 風景・スナップ | Comments(0)
2016年 11月 01日

GRで撮ってみた~その3・美ヶ原編~

単焦点コンデジ・GRでの修行第3弾は
純風景写真・秋の美ヶ原高原
です
そうそう、ブログタイトルも修行の身に相応しい、謙虚なものに変えてみました
その名も

『拙者の修行小屋』

です
今後ともよろしくお願い致します


d0349418_21592811.jpg


今回もハイコントラスト白黒・Jpeg撮りで。
秋だけど、モノクロ。

開始早々センサーの汚れ発見
しかも3つも
黒い塊のようなGRの機体外側からブロアーをシュッシュと吹きますが
動く気配なし(そりゃそーか)
現在、GRはメーカー送りで入院中です
入院費用はいくらになることかとビクビクしています
どうか今回はそこには目をつぶってご覧いただけると幸いです


d0349418_22030143.jpg


面白いゴースト
持っている一眼用レンズではこういうゴーストが出ないので
ちょっと新鮮です

d0349418_22031298.jpg



d0349418_22043240.jpg




d0349418_22044650.jpg




d0349418_22050391.jpg

前回のような、雨天での街中撮影のような状況も楽しかったですが
やはりハイコントラスト白黒は豊富な光源があった方が遊び甲斐があります

d0349418_22064759.jpg




d0349418_22065796.jpg




d0349418_22071212.jpg




d0349418_22072655.jpg


マクロモードを使用しても抜けまくるAFで
ススキと格闘します

d0349418_22080916.jpg




d0349418_22081840.jpg




d0349418_22083330.jpg




d0349418_22084364.jpg




d0349418_22085755.jpg




d0349418_22091014.jpg


ズーム一辺倒で生きてきた私には、単焦点の
しかも苦手な広角の縛りは、意外と新鮮で楽しい
調子に乗ってセルフ撮りである

d0349418_22095140.jpg




d0349418_22100426.jpg




d0349418_22105471.jpg




d0349418_22110449.jpg




d0349418_22112073.jpg




d0349418_22113162.jpg




d0349418_22114311.jpg




d0349418_22115447.jpg




d0349418_22120422.jpg




d0349418_22121526.jpg


こういうシーンは、今までの自分であれば
間違いなく光芒にズームしていたことだろうと思います

d0349418_22122548.jpg




d0349418_22132909.jpg




d0349418_22133996.jpg




d0349418_22135140.jpg




d0349418_22141319.jpg



d0349418_22142292.jpg


やみくもに、力まずに。
そんな写真もたまにはいいもんだな
なんて思いました

d0349418_22150214.jpg




d0349418_22151383.jpg




d0349418_22152308.jpg




d0349418_22154503.jpg




d0349418_22155491.jpg


これは
ポジフィルム調
というエフェクトをかけて撮ってみた夕焼けです

d0349418_22160476.jpg




d0349418_22163687.jpg




d0349418_22164404.jpg




d0349418_22165482.jpg




d0349418_22170363.jpg




d0349418_22171207.jpg



早く、GR退院しないかな・・・
しきりにそんなことを考えてる自分がいます
多分、単焦点が楽しいんじゃなくて
このカメラが楽しいんだと思います









by kobatetuapril | 2016-11-01 22:20 | 風景・スナップ | Comments(0)