拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 28日

サクラ色の銀河を泳ぐ龍~某所・枝垂れ桜~

私が最も大切に感じている桜です
場所は、すみません、内緒です
もし、分かる、という方がいらっしゃいましても
どうか、知らぬふりをしてご覧いただけたら、と思います(笑)

d0349418_20410017.jpg


複雑に絡む、苔むした幹
私は、勝手に
「龍の桜」
と呼んでいます

d0349418_20412006.jpg




d0349418_20424076.jpg


高い杉林に囲まれて
人知れず
だが、比類なく美しく咲く桜である

d0349418_20425895.jpg




d0349418_20440216.jpg




d0349418_20441330.jpg




d0349418_20443529.jpg




d0349418_20453196.jpg




d0349418_20455281.jpg




d0349418_20460101.jpg




d0349418_20463676.jpg




d0349418_20470863.jpg




d0349418_20472032.jpg




d0349418_20473462.jpg




d0349418_20475402.jpg




d0349418_20480714.jpg




d0349418_20482211.jpg




d0349418_20483623.jpg




d0349418_20485023.jpg




d0349418_20490253.jpg




d0349418_20491994.jpg




d0349418_20493813.jpg


暦のほとんどを、日影の中で、まどろみ過ごす
一週間にも満たない目覚めの季節
杉林の天井を縫って届いた陽が、緑鱗を浮かび上がらせる
飛沫が上がる
雄飛の咆哮が聞こえてくる

d0349418_20494555.jpg




d0349418_21014743.jpg




d0349418_20522423.jpg




d0349418_20523939.jpg




d0349418_20525318.jpg




d0349418_20530498.jpg




d0349418_21021760.jpg




d0349418_21030728.jpg




d0349418_21032563.jpg


晴れ舞台の日が来た
そよと吹く薫風が
日影の中にあるためなのか、おそろしく花期の短いこの桜を
もう、舞わせていた

d0349418_21044389.jpg




d0349418_21123950.jpg




d0349418_21060399.jpg




d0349418_21061258.jpg




d0349418_21063027.jpg




d0349418_21064282.jpg




d0349418_21065639.jpg




d0349418_21072143.jpg




d0349418_21072985.jpg


卯月夜風

d0349418_21074075.jpg




d0349418_21085000.jpg


サクラ色の銀河を泳ぐ龍

春が昇ってゆく

d0349418_21090411.jpg


~ 完 ~

















by kobatetuapril | 2016-04-28 21:20 | 風景・スナップ | Comments(2)
2016年 04月 24日

王者の目覚め~田多井観音堂の桜~

田多井観音堂
三本の古桜が並び立つ場所
安曇野に桜は数あれど
押しも押されもせぬ王者として君臨する桜たちである

d0349418_20165602.jpg



実は、この桜は2日間にわたって撮影した
初日は、花期を見誤り
また、期待しない曇天であった

d0349418_20182460.jpg




d0349418_20183242.jpg




d0349418_20184080.jpg



早々に撮影を切り上げたのだが
これはこれで、しっかり撮っておくべきだったと
若干後悔をしている

d0349418_20185509.jpg





~撮影2日目・4日後~

仕事の忙しさと疲労がピークに達していた
一応、目覚ましをセットしておいた
カーテンを開けると、雲一つ無かった
気力を振り絞った

d0349418_20212831.jpg





d0349418_20213663.jpg





d0349418_20214377.jpg





d0349418_20215583.jpg




ここには、メインの古桜にも負けない形のいい桜があったのだけど
「雨氷」と呼ばれる、今年の水分を多く含んだ雪の重さで折れてしまったらしい
温暖化は、こんな形でも風景に影を落とした

d0349418_20220150.jpg





d0349418_20232833.jpg





d0349418_20233609.jpg





d0349418_20234582.jpg





d0349418_20235207.jpg





d0349418_20240164.jpg




d0349418_20243002.jpg



d0349418_20240977.jpg





d0349418_20242171.jpg



d0349418_20245907.jpg


ずっと樹の天辺に居座り
いい点景になってくれたカラスくんに感謝

d0349418_20254928.jpg



撮影終了
時間さえあれば、近接でも撮り立ったのですが
実は、本命の桜は観音堂ではなく、別にあったので
大急ぎで切り上げました
次回のアップに続きます

d0349418_20260471.jpg




by kobatetuapril | 2016-04-24 20:28 | 風景・スナップ | Comments(0)
2016年 04月 17日

窓春譚~あがたの森・枝垂れ桜~


松本市あがたの森
訪れる度に
漂う青春の薫りに渇望をおぼえつつ
それを何とかして切り取ってやろうという
カメラマンとしての負けん気みたいなものがこみあげます


d0349418_17363126.jpg

以前から撮ってみたいと思っていた、中庭に咲く枝垂れ桜
松本城の駒つなぎの桜がまさに堂々たる偉丈夫の気風を漂わせているのに対し
この桜は、いったい何年生きてきたのかわからないけど
若者たちの喜びも、悲しみも、そして、初恋も(照れ)
幾世代にもわたって見送ってきたような
甘酸っぱい薫りがあります
耳を澄ませば、木造校舎の廊下を渡る足音が聞こえてくる
そんな気がする桜です

今回は、オール室内ロケを敢行
こんな撮影ができるのも、あがたの森ならでは

d0349418_17424003.jpg



d0349418_17430537.jpg




d0349418_17440080.jpg




d0349418_17443798.jpg




d0349418_17445241.jpg




d0349418_17454332.jpg




d0349418_17460094.jpg




d0349418_17461821.jpg



d0349418_17464153.jpg




d0349418_17463217.jpg




d0349418_17475225.jpg




d0349418_17481195.jpg




d0349418_17484274.jpg



d0349418_17491564.jpg




d0349418_17492770.jpg




d0349418_17494706.jpg




d0349418_17495945.jpg




d0349418_17502327.jpg




d0349418_17503790.jpg




d0349418_17505340.jpg




d0349418_17511264.jpg




d0349418_17512799.jpg




d0349418_17520661.jpg




d0349418_17521985.jpg




d0349418_17523013.jpg




d0349418_17523720.jpg




d0349418_17525225.jpg




d0349418_17532343.jpg




d0349418_17533826.jpg




d0349418_17535784.jpg




d0349418_17542187.jpg




d0349418_17543713.jpg




d0349418_17544653.jpg




d0349418_17552432.jpg




d0349418_17553219.jpg




d0349418_17555507.jpg




d0349418_17574056.jpg




d0349418_17574914.jpg



d0349418_17581590.jpg



d0349418_17584422.jpg




d0349418_17585733.jpg




d0349418_17591070.jpg




d0349418_17592698.jpg




d0349418_18001637.jpg




d0349418_18003756.jpg




d0349418_18004789.jpg




d0349418_18005788.jpg




d0349418_18011647.jpg




d0349418_18012494.jpg




d0349418_18013980.jpg




d0349418_18015143.jpg




d0349418_18021178.jpg




d0349418_18021493.jpg




d0349418_18022878.jpg



~窓春譚~

d0349418_18030902.jpg








by kobatetuapril | 2016-04-17 18:09 | あがたの森 | Comments(2)
2016年 04月 16日

早春の果てに


今年度に入ってから仕事が激務続きで
なんかと頑張って写真は撮っているのですが
ブログ更新は行えず。
今更ですが、早春の風景をアップします
二部仕立てでお送ります
思い入れがあるのは第二部です
前半で飽きても、どうか後半までご覧ください(笑)


~第一部~
幾何学模様の早春賦

大王わさび農場

脇を流れる水が湧水であるためなのか
大王わさび農場の梅は、安曇野市の中でも特に早く咲くという印象があります
わさび田のほとりがうっすらと彩られてゆくのを見ると
いよいよ春が来るのだなという気がします

d0349418_21483950.jpg



丘の上の梅越しにわさび田を見おろします
ちょいどいい角度が確保できると
朝陽が昇る時間帯に梅の花越しに幾何学模様に輝く
わさび田を見ることが出来ます
残念ながら、今シーズンは叶いませんでした

d0349418_21521464.jpg



この場所の、もう少し左に立つと輝きが見えましたが
花の形が良くなかったので断念しました

d0349418_21523061.jpg





d0349418_21533860.jpg





d0349418_21543078.jpg





d0349418_21560757.jpg





d0349418_21550751.jpg





d0349418_21553680.jpg





d0349418_21563341.jpg





d0349418_21565416.jpg





d0349418_21571569.jpg





d0349418_21573389.jpg





d0349418_21583234.jpg





d0349418_21590383.jpg




d0349418_22005430.jpg





d0349418_22010604.jpg





d0349418_22011321.jpg





d0349418_22012730.jpg





d0349418_22013705.jpg





d0349418_22015285.jpg





d0349418_22020066.jpg





d0349418_22023375.jpg



春眠、暁をおぼえず

d0349418_22022340.jpg





~第二部~

春はシベリアより来ぬ

松本市・魯桃桜

d0349418_10524930.jpg



魯桃桜(ロトウザクラ)
原産地はシベリア(露)とも、中国(魯)とも言われており
花は桜にそっくりであるが、実は桃の一種らしい、という
ミステリアスな花である

d0349418_10554075.jpg





d0349418_10555076.jpg





d0349418_10564955.jpg



旧司祭館を背景に

d0349418_10570762.jpg





d0349418_10571512.jpg





d0349418_10572677.jpg





d0349418_10575251.jpg



彼方には、残雪の高ボッチ高原

d0349418_10575984.jpg





d0349418_11005547.jpg



旧開智学校

d0349418_10584764.jpg





d0349418_10592640.jpg





d0349418_11013337.jpg





d0349418_10594300.jpg



中央図書館

d0349418_10595866.jpg





d0349418_11021464.jpg





d0349418_11001176.jpg





d0349418_11003079.jpg




d0349418_11030950.jpg





d0349418_11033200.jpg



三脚を立ててじっくり撮影していると
何度か、「桜ですか?もう?」
と話しかけられた
「桜・・・かも知れませんね」
とお答えすると、皆さんの顔が
花に負けず、パァッと明るくなるのが印象的であった
やはり、「桜」はいいものだ

魯桃桜
梅より遅く咲き始め、ソメイヨシノの開花より早く散り始める
松本城下に人知れず春本番を告げる花である


d0349418_11033806.jpg





d0349418_11064489.jpg



























by kobatetuapril | 2016-04-16 11:16 | 風景・スナップ | Comments(2)