人気ブログランキング |

拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:RICOH GRで撮ってみた( 7 )


2019年 06月 17日

闇を喰らう~善光寺・仁王~





5月26日に放送され録画しておいた
NHKスペシャル「運慶と快慶 新発見・幻の傑作」
を、昨日、や~っと視ることができました

なんと、興福寺南円堂の、かの四天王像が運慶作であるという説が浮上しているのだとか
南円堂の四天王。初めて実物を見た(偶然にも特別開扉中だったのです)時の感動は今でも忘れられません
特に、多聞天の、左手に高く掲げた宝塔を恐ろしくも恍惚と見つめ
左半身に重心を乗せた体幹の揺らめきの艶めかしく
三叉戟を天と地との絶対支柱であるかのように突き立てる雄々しさは
仏像はおろか、この世のありとあらゆる芸術の中で最も美しい、というか、尊いものでありました
正直、作者不詳のロマンに包まれたまま、遥か未来、形あるものの終焉をむかえてほしいと思ってもいましたが
X線の照射により浮かび上がってきたこの仮定が
運慶という聖人を
語弊があるかもしれませんが
もはや「怪人」とでも言うべきはかり知れない存在へと昇華させてしまったように感じました





d0349418_23464314.jpg
東大寺大仏殿の多聞天(2013年、奈良旅行の際に撮影)
江戸時代の作であり、南円堂のそれには比ぶるべくもない



そんな仏像達を写真撮影出来たら
私はたぶん、365日、朝から晩まで仏像を撮り続けても飽きることがないだろうと思います
しかし、残念ながら、仏像の9割は、津々浦々・有名無名を問わず撮影不可です
日本最古の仏像といわれる、良飛鳥寺の釈迦如来像(飛鳥大仏)が、
確か撮影可能(私自身、撮ったことがあります)でありますが、それはまさに例外中の例外です

ただそんな現状において「仁王」だけは、伽藍に属さないためなのか
役割に似ず『ガードが緩く』、金網のハンデがあるものの
仏像撮影好きカメラマンにとっては門戸の広い被写体です


d0349418_23110114.jpg

国宝・善光寺、仁王門
仁王は明治の写実主義木彫の巨匠にして帝室技芸員である高村光雲と
その弟子、米原雲海らの合作です
東大寺の仁王の背丈が約8メートルであるのに対し
こちらはおそらく5メートルあまりと、やや小振りとなりますが
我が国の写実芸術創世の権化たるその姿は
誇張なしに、南大門の仁王に何らひけをとりません

以下、全てRICOH GRで撮影



d0349418_21490128.jpg




d0349418_21533604.jpg





d0349418_21504673.jpg




d0349418_21525308.jpg




d0349418_21540655.jpg




d0349418_21542548.jpg




d0349418_21544863.jpg




d0349418_21545631.jpg




d0349418_21552785.jpg





d0349418_21550341.jpg





d0349418_21560185.jpg




d0349418_21563123.jpg




d0349418_21564595.jpg




d0349418_21565342.jpg





d0349418_21571437.jpg




d0349418_21573111.jpg




d0349418_21574098.jpg
闇を喰らう



運慶・快慶が仏像芸術の礎を築いてから800余年
さらに800年ののちには、この仁王も文明開化の象徴として
国宝の栄誉を手に入れていることでしょう



























by kobatetuapril | 2019-06-17 23:51 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(3)
2017年 12月 19日

GRで仁王をRAW撮影してライトルームで現像してみた

タイトル長っ。

ライトルームを導入してみました

きっかけは、GRにはRAW現像環境が無くて(付属ソフトは使い勝手が悪くて面倒)

また、各種エフェクトが面白いので今までJpeg撮影のみでほぼ満足していたのですが

使い慣れてくるほどに「別のエフェクトで撮れば良かった~」という後悔が増え

「それはそれで面倒くさいな」と思うようになったためです

5DⅢで撮影した写真には、純正ソフトDPP4の性能が充分素晴らしいので、今のところ使う予定はありません

ですから、GRのためだけに、ライトルームを買ったのです

どれだけ可愛がられてるんでしょうね、GR

最近は白レンズ付けてる5DⅢより、安っぽいGRの方が愛おしいと思うことさえしばしばです

ライトルームを使ってみた感想ですが

まだまだ全然使いこなせてませんが「なんだ!この魔法のソフトは!」なのであります

いくらでも露光量補正できちゃうし、ノイズリダクションの効果は凄いし、あんな色こんな色で遊べるし

「ズルくね?」って思うほど凄すぎです

では、ライトルームデビュー戦です

被写体は、迷うことなく、先日も撮影したばかりの

長野県長野市・国宝善光寺の仁王

当日は雪が舞っていて絶好のスナップ日和でありましたが、他の被写体には目もくれず仁王門に向かいました

だって、私は仁王を撮りに来たんだから

余計なものを撮って写欲を消費したくなかったのです

広角単焦点なので、前回と構図がだいぶ被る点はご容赦ください

何しろ、APS-CのF2.8広角ですから、ちょっと角度をつけただけで金網が写り込んでしまうのです






d0349418_22460130.jpg
やっぱり最初はこれ
「吽形」の立ち姿
仏像好きにはたまりません
歴史こそまだまだ浅いですが、誇張無しに、東大寺の仁王にだって負けてません
信州が誇る、仏像の、近代彫刻の傑作中の傑作です








d0349418_22522492.jpg








d0349418_22530755.jpg









d0349418_22532289.jpg








d0349418_22533264.jpg








d0349418_22534194.jpg








d0349418_22535066.jpg








d0349418_22540105.jpg








d0349418_22541420.jpg
気付けばこの右手ばかりを撮っています
この右手の表情一つで、もう圧倒的に「吽形推し」なのです








d0349418_22563453.jpg
一方、「阿形」
吽形推しではありますが、こちらの格好良さも尋常ではありません







d0349418_22571856.jpg








d0349418_22575054.jpg








d0349418_22581452.jpg








d0349418_22582762.jpg








d0349418_22584182.jpg








d0349418_22585456.jpg








d0349418_22590461.jpg








d0349418_22591368.jpg








「ズルい!」とは言いましたが、ライトルーム、導入して良かったと思います

撮る楽しみに加えて、現像の楽しみが飛躍的に増しました

表現の幅が広がりそうです

問題があるとしたら、出来ることが多すぎてDPPより手間がかかるのと

現像にハマりすぎて、いつの間にか時間が、信じられないほど経過しちゃってることくらいでしょうか
























by kobatetuapril | 2017-12-19 21:44 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(8)
2017年 11月 29日

GRで仁王を撮ってみた







ちょっと用事があって長野市に行ったついでに、善光寺参りに行ってきました






d0349418_21290561.jpg

仁王門








d0349418_21325196.jpg








d0349418_21382117.jpg

善光寺の仁王門は西暦1918年(大正7年)建立

仁王像は高村光雲(「智恵子抄」で有名な高村幸太郎の父)と、米原雲海の合作です




~GRで仁王を撮ってみた~


 開始


せっかくですから、全てノートリでアップしてみます








d0349418_21403357.jpg









d0349418_21411030.jpg

善光寺の仁王は、多くの仁王がそうであるのと同様

周りに金網が張り巡らされていますので、GRのレンズを金網に押し当てるようにして撮影します

(上2枚は、フラッシュ撮影して金網をあえて写し込んだもの)

APS-C・28mm・F2.8は、ちょっと気を抜くとすぐに金網が写り込んでしまいます

身長181cmの私が、小さなGRを持って金網に張り付き、神妙な顔つきで構図を模索しているわけですから

観光客は仁王の立派さに感嘆した後、私の様子を見てギョッとした表情で通りかかってゆくわけです

まぁ、気にしない気にしない・・・








d0349418_21462182.jpg

阿形








d0349418_21464935.jpg

吽形








d0349418_21473193.jpg








d0349418_21474202.jpg








d0349418_21483546.jpg








d0349418_21484454.jpg

吽形のこの右手が、とにかく好きである






d0349418_21490950.jpg








d0349418_21491857.jpg








d0349418_21493582.jpg








d0349418_21494469.jpg



あぁ・・・仁王、カッコいいよ仁王・・・











by kobatetuapril | 2017-11-29 22:00 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(5)
2017年 10月 15日

GRで旧開智学校を撮ってみた

近頃すっかりマイブームのリコー・GRです
AFは迷いまくるし、露出は暴れまくるし、何より苦手の広角単焦点だし
なのですが、手間のかかる子ほど可愛いらしく
最近はメインの5DMarkⅢよりも出撃頻度が高い有様です
昨日はとあるお祭りの撮影に行ってきたのですが
5D3をぶら下げつつも、結局GRで撮影していたところ
「兄さん、そっち(5D3)で撮ってよ(笑)」
と言われてしまいました
GRは高級コンデジの部類に入ると思うのですが
フルサイズに比べたら、確かにオモチャみたいに見えてしまうのでしょうね
でも、こんなに面白いオモチャはなかなか無いですよ
ということで、ブログカテゴリに
RICOH GR
を加えてみました






d0349418_15251445.jpg
今回の修行場所は、松本市・旧開智学校(国の重要文化財)
明治6年に同市に開校された歴史があり
旧松本高等学校(あがたの森。大正8年開校)と双璧を成す、松本市の洋風建造物です
松本市には、他に「旧司祭館」、「旧山辺小学校」などの洋風建築物があります
松本城もいいですけど、これらも雰囲気があります
松本観光をお考えの方におすすめです
個人的に、松本城が国宝なら、旧開智学校と旧松本高等学校だって国宝になっててもいいと思ってます

今回の撮影エフェクトは全て「ブリーチバイパス」で、Jpeg撮り
ハイコントラストモノクロと並んで好きなエフェクトです






d0349418_15444567.jpg
正門






d0349418_15441227.jpg
透かし彫りの竜
目いっぱい背伸びをしてカメラを構え、アッパーアングルで撮影します
広角のパースが効きまくり(28mmは私にとっては広角です)
望遠ズームが大好きな私は、GRデビュー当初このパースが非常に嫌でしたが
最近は、これもアリかな、と思えるようになってきました






d0349418_15480315.jpg






d0349418_15481282.jpg






d0349418_15482068.jpg






d0349418_15483845.jpg
中に入ります
白漆喰の壁に照明が這う有様が、光線フェチにはたまりません





d0349418_16243576.jpg






d0349418_15535449.jpg
窓際には親指サイズの花瓶
挿してあるのが本物の花であることには驚きました






d0349418_15572973.jpg






d0349418_15504356.jpg
再現教室
あがたの森と違い、旧開智学校は博物館的色彩が強く
写真を撮るには展示ケースや説明書きの処理が難しくなります





d0349418_15521659.jpg






d0349418_15522814.jpg





d0349418_16245937.jpg





d0349418_16253290.jpg







d0349418_16254842.jpg
2階に上ります






d0349418_15580785.jpg






d0349418_15582822.jpg






d0349418_15584684.jpg






d0349418_15585808.jpg






d0349418_15594362.jpg





d0349418_16261512.jpg





d0349418_16003207.jpg






d0349418_16005022.jpg
2階でひときわ目を引くのが、このギヤマンガラスとシャンデリアの間です
が、室内は展示ケースだらけで非常に撮影が難しかったです







d0349418_16032166.jpg







d0349418_16051965.jpg






d0349418_16032835.jpg







d0349418_16264704.jpg







d0349418_16050593.jpg






d0349418_16054501.jpg






d0349418_16060010.jpg






d0349418_16061642.jpg
廊下の真ん中に、おそろしく急峻な螺旋階段があります
その昔、校長先生がコケて転がり落ちたそうな
はっきり言って命に関わるほどデンジャラスな階段(見おろしただけでも怖い)なので、立入禁止になっています






d0349418_16271138.jpg







d0349418_16080503.jpg






d0349418_16081371.jpg
第一回・旧開智学校撮影修行終了
文化財的な価値はきわめて高く、教養目的で行くならば半日は楽しめる場所ですが
(撮影も2時間半楽しめました)
あがたの森と違って周囲の環境に特筆すべき風情が無く
行動・構図の自由度が低い点で、撮影は困難でした
次回の課題にしたいと思います





















by kobatetuapril | 2017-10-15 16:17 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(0)
2017年 09月 27日

GRで獅子舞を撮ってみた~松川村・大和田神社例大祭にて~


GRで撮ってみたシリーズ連続3弾は動きモノ・獅子舞です
近頃、このカメラばかり持ち出しています
単焦点の練習になるから、という勉強目的もありますが
一番は、はっきり言って
『GR、使いこなせたらカッコいいじゃん』
という見栄からです
「最強スナップシューター」の呼び声高いGRですが
田舎暮らしではストリートスナップを撮ろうにも被写体が無いので
湿原を撮ったりお祭りを撮ったりと
開発者がおおよそ想定しなかったであろう使い方ばかりしているような気がします



松川村。安曇野市以上に「安曇野らしさ」を残す美しい村であり
また、ご長寿日本一の村でもあります
景観のシンボルは
北アルプス「有明山」(通称有明富士)と、緩やかな棚田、それに、防風林である「屋敷林」
d0349418_21510296.jpg

なるほど、こんなに平和な村であれば長生きもできようというものです
まだ来られたことが無い方は是非いらしてみてください
これが「安曇野」の真髄です
カメラマン的にも風光明媚で撮り甲斐のある村だと思いますよ


では、修行スタート

武舞台は川西地区・大和田神社
祭神は
オオナムチノミコト(出雲大社の祭神として有名)
タケミナカタノミコト(諏訪大社の祭神として有名、オオナムチの子)
コトシロヌシノミコト(別名「えびす」、オオナムチの子)

d0349418_21475565.jpg


使用エフェクト・ハイコントラストモノクロ(大好物)
絞りはF4~4.5
シャッタースピードは概ね1/15secとなるようにISOを設定
なお、ハイコントラストモノクロは連写不可能の模様

d0349418_21562602.jpg


大和田神社の獅子舞は少年舞い手による二頭立てで行われます

d0349418_21582933.jpg




d0349418_22075293.jpg



d0349418_22081322.jpg




d0349418_22082322.jpg




d0349418_22083107.jpg




d0349418_22083942.jpg




d0349418_22084865.jpg




d0349418_22085830.jpg




d0349418_22090793.jpg




d0349418_22091657.jpg




d0349418_22093664.jpg




d0349418_22094422.jpg




d0349418_22095231.jpg




d0349418_22100478.jpg




d0349418_22102758.jpg




d0349418_22103535.jpg




d0349418_22104486.jpg




d0349418_22105727.jpg




d0349418_22110730.jpg




d0349418_22111798.jpg




d0349418_22113107.jpg




d0349418_22114064.jpg




d0349418_22115063.jpg




d0349418_22120030.jpg




d0349418_22120990.jpg




d0349418_22121781.jpg




d0349418_22122653.jpg




d0349418_22123528.jpg


さすがにシャッター1/15secでは手ブレが甚だしく
狙った被写体ブレも過剰になりがちですが
大事なのは勢いです
・・・大事、ということにしておいてください・・・
今回もGRの露出の暴れっぷりには閉口しましたが
マニュアル露出にしなかったことを素直に謝ります
何でも機械のせいにしてはいけませんね

最後に、氏子のお年寄りから伺ったところによると
大和田神社の二頭立て獅子舞は全国的にもめずらしく
昔に比べるとだいぶ舞い方の変遷があるようですが
地元の少年や若キ連の方々によって脈々と受け継がれているのだそうです
拙いながらも一カメラマンとして
そして、松川村のファンとして
皆さんの素晴らしい獅子舞が末永く受け継がれてゆくことをお祈り申し上げております

d0349418_22124464.jpg



by kobatetuapril | 2017-09-27 22:25 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(0)
2017年 09月 26日

初秋の八島ヶ原湿原をGRで撮ってみた


明け方には寒ささえ感じられるようになりましたが
写真的にはまだまだ彩りに乏しく、カメラマン泣かせのこの時期
モノは試しと、GR(単焦点28mm)で八島ヶ原湿原の撮影に挑みました
何しろここは【拙者の写真修行小屋】ですからね

使用エフェクトは全てハイコントラストモノクロ



d0349418_09260783.jpg


晩夏にはヤナギランやアザミが彩ったこの湿原に
草紅葉への移り変わりがおとずれていました

d0349418_09262112.jpg



d0349418_15122605.jpg





d0349418_09285076.jpg




d0349418_09285704.jpg



d0349418_15131051.jpg



d0349418_09291327.jpg




d0349418_09292187.jpg




d0349418_09300641.jpg



d0349418_15133722.jpg




d0349418_09302530.jpg



d0349418_15140938.jpg



d0349418_09304778.jpg



d0349418_15142829.jpg



d0349418_09310943.jpg




d0349418_15145320.jpg




d0349418_09312804.jpg




d0349418_09314634.jpg




d0349418_09315477.jpg




d0349418_09320560.jpg



d0349418_15152263.jpg




d0349418_09321907.jpg




d0349418_09322737.jpg



d0349418_15161446.jpg





d0349418_09324781.jpg



d0349418_15162427.jpg



私はズームレンズ至上主義者です
ズームレンズの技術が熟成しきっている現在
単焦点は、斜に構えて使用するレンズだとさえ思っています
今風の言葉で表現するならば「意識高い系」です
でも、芸術って結局のところは自己満足の垂れ流しであり
その垂れ流しを、観てくれる人がどう感じるか、だとも思ってます
自己満足って、悪く言われがちですが
いかなる満足も始まりは自己の想いなのではないでしょうか
だから、たとえ単焦点やこのGRの使用がカッコつけであったとしても
そこに自己満足さえあれば、カッコつけも芸術だと思うのです
ともずれば、他人の評価さえ二の次なのが、芸術なのだ、と

なんて考えるわけですが、だだっ広い八島ヶ原湿原では
やはりズームレンズが便利だな~・・・と
GRっていうのは、28mmという焦点距離は、ストリートでこそ威力を発揮するカメラなんでしょうね~

~次の修行に続く~


by kobatetuapril | 2017-09-26 09:50 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(0)
2017年 09月 19日

雑記・夏~あがたの森他~

RICOH・GR(28mm単焦点)で撮影
あがたの森メイン



d0349418_12553660.jpg




d0349418_12555103.jpg




d0349418_12560128.jpg




d0349418_12561237.jpg




d0349418_12582539.jpg




d0349418_12583993.jpg




d0349418_12590107.jpg




d0349418_12591241.jpg




d0349418_13001910.jpg





d0349418_12595393.jpg




d0349418_13005290.jpg




d0349418_13054092.jpg




d0349418_13010491.jpg




d0349418_13013366.jpg




d0349418_13045110.jpg





d0349418_13020227.jpg




d0349418_13021539.jpg




d0349418_13022794.jpg




d0349418_13023842.jpg




d0349418_13035732.jpg




d0349418_13024945.jpg




d0349418_13042417.jpg




d0349418_13043227.jpg




d0349418_13060747.jpg




d0349418_13061905.jpg




d0349418_13063377.jpg




d0349418_13064596.jpg




d0349418_13070430.jpg




d0349418_13071153.jpg




d0349418_13071928.jpg

使用エフェクト
ハイコントラスト白黒
ブリーチバイパス
























by kobatetuapril | 2017-09-19 13:11 | RICOH GRで撮ってみた | Comments(2)