人気ブログランキング |

拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 30日

七色の日~北安曇郡池田町の七色大カエデ~




北安曇郡池田町

七色大カエデ


d0349418_22583936.jpg




d0349418_22585349.jpg




d0349418_22590849.jpg




d0349418_22592654.jpg




d0349418_22594684.jpg




d0349418_23001652.jpg




d0349418_23004085.jpg




d0349418_23005356.jpg




d0349418_23012736.jpg




d0349418_23014542.jpg




d0349418_23015514.jpg




d0349418_23020370.jpg




d0349418_23021981.jpg




d0349418_23024010.jpg




d0349418_23024766.jpg




d0349418_23030028.jpg




d0349418_23030806.jpg




d0349418_23033936.jpg




d0349418_23041163.jpg




d0349418_23042764.jpg




d0349418_23044125.jpg




d0349418_23045184.jpg




d0349418_23050339.jpg




d0349418_23051331.jpg




d0349418_23052564.jpg




d0349418_23053200.jpg




d0349418_23054486.jpg




d0349418_23055264.jpg




d0349418_23060149.jpg




d0349418_23061472.jpg

かれこれ5~6年かそれ以上、毎年見に行っている大カエデです
その間には紅葉のアタリ年もあれば、ハズレ年もありました
幹の樹洞に大きなハチの巣が出来て撤去できなくなり、巣ごと樹洞を埋めたとか。
250年とも言われる高齢樹ですから、さすがに弱ってくるところもあるのでしょう
放射状に伸びる素晴らしく美しい枝は、ついにその重さを支えきれなくなり
骨折をした人間の腕の様に吊って、なんとかバランスをとってあったり。
なんとか、せめて今後私が生き続ける数十年の間だけでも、どうか毎年紅葉を見せて欲しい、と思っています

それとは別に、このカエデをとりまく環境が大きく変わりました
2011年に放映されたNHKの朝ドラ「おひさま」を皮切りにメディアへの露出が多くなり知名度がウナギ上りとなり
秋の観客数は、ついに交通整理を要するほどにふくれ上がりました
すぐ隣の丘の上には駐車場が設けられ、樹を見上げると、その向こうにひしめく駐車車両が見えるようになりました
大勢の人々が地面を踏むと、根が傷み樹勢が弱まるので、半径20メートルに及ぶであろう、接近禁止区域が設けられました
結構急峻な斜面に立っているのですが、お客さんの中にはお年寄りもいらっしゃいますから
足を滑らせてはいけないということで、あたりはシーズンになるとツンツルテンに草刈がされるようになりました

そして、何といっても最大の変化は、スマホとSNSの急速な普及です
お客さんは、到着するや、スマホのモニターを経由して、この樹を見るようになりました
ほんの数年前までは、秋空のもと、眩しげな「眼差し」と溜息とが見上げていたのに
今は、立ち入り禁止区域に沿って、スマホのレンズが垣根の様に取り囲むようになりました
せめて、ゆっくりと樹の周りを歩いて、燃える七色を、孔雀の様に美しい枝を、四季を何百回と経てきた生命力を、網膜で見て欲しい
巨大な一眼レフを首から下げている自分を完全に棚に上げる訳ですが
少し、寂しく思います

だけど
なんだか、世の中変わっちゃったな・・・なんて、私は今に生きてるわけだから、そんなこと思いたくないのです
世の中には悲しいことや辛いことや、無関心の関心があって、そして、それらは残念ながらこの先どんどん増加してゆくのだろうけど
(なんか、話がデカくなってきたぞ)
それでも、人間とは美しいものだと思っていたい
写真を撮るからには、私は、『happiness』を撮りたい
そんな、願いなのか、気迫なのか、決意なのか・・・を込めて撮影したのがこのスナップです

私は、スナップとは、happinessを記録媒体に焼き付ける手探り作業だと思ってます



~ 七色の日 ~











by kobatetuapril | 2019-03-30 22:51 | 風景・スナップ | Comments(3)
Commented by ruunouta at 2019-03-31 08:37
すごい存在感のあるかえでの木ですねぇ( ゚д゚)
こんな風に横に広がったのは初めて見ました
紅葉と秋独特の優しい光がいいですねぇ(*´꒳`*)

記事を読みながら、ふむふむと頷きました
昔から長くそこにあるものでも
周りはどんどん変わっていくんですよね〜(。-∀-)
岐阜にはモネの池があるんですが
昔はだ〜れも来ないような寂れた場所だったのに
今は駐車場やトイレまで整備されて
周りには早朝でもカメラマンが立ち寄れるような
モーニングのお店まできちゃってw
いつ行っても観光バスで来た観光客で
池の周りは人だらけ...
ここのかえでと少し似てるなぁと思いました(´・ω・)
SNSの普及は悪いことではないですが
撮る心の問題ってありますよね
私も常にhappinessを撮りたいです(*´ω`*)
モラルを守りながら、そこにある情景を
自分が感動したhappinessを発信したいですねぇ
お話長くなりすみません(´∀`; )

Commented by aryy2349 at 2019-03-31 15:13
凄いですね。。。
なんとコメントしていいやら毎度、毎度
感動の嵐です。。。

この素晴らしいカエデに負けることなく正々堂々カメラを向けた
気迫が、容赦なく伝わってきますね。
逆光、斜光を上手く捉えそこに集まる人達のハッピーその一瞬を
切り撮ったカット・・・もうたまりません。

この素敵なカエデ、変わる時代の中でいろんな人生を見て
きたのでしょうね。まだまだがんばり続けてほしいです。
チャンスがあったら一度訪れてみたいですね。

この光の中には幸せがいっぱいです。
ああっ写真っていいなあーって、いつも拝見して思います。
感動と喜びと涙があります(笑)
私も負けないでハッピーな光景を撮り続けたいものです。
がんばるぞー
いつも有難うございます。

Commented by kobatetuapril at 2019-04-19 22:47
ruuさん、きったしょうさん、お礼が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。
これまで使ってたパソコンが小破(笑 データーは無事でした)してしまい、
ブログ更新のテンションが落ち込んじゃってました。
このコメントは新しいPCで打ってます。

私は、ちょいと世知辛い、普通の人は見なくてもいい世界を見る仕事をしてるものですから、
当たり前の幸せとか、青春とか、そしてhappinessが眩しくて仕方ないのです。
それは一方で、汚れた自分を再認識することにもなってしまうんですけど、
でもですね、汚れちゃってる目だからこそ見えてくるキレイなものもあるような気がするんです。
たぶんそれは、渇望とか、もう少しいい言葉を使うなら、憧れとかいうんだと思います。
私は、スナップを撮ってるとなんだか落ち込む一方で、それを上回る憧れとの出会いがあるから
スナップが好きなんだと思います。

>チャンスがあったら一度訪れてみたいですね。
ぜひぜひ、お越しください。
池田町、七色大カエデだけじゃなくて、町全体としても、目の前に北アルプスと田園がドーンと広がってて
すごくきれいなところだと思います。
きったしょうさんの優しい視線でとらえた池田町、見てみたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 春はシベリアより来ぬ~松本市中...      舞い降りるシーズン~美ヶ原高原・秋~ >>