人気ブログランキング |

拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 02月 25日

夏の化身・Ⅱ~金沢YOSAKOIソーラン日本海~






d0349418_21213725.jpg




d0349418_21214510.jpg




d0349418_21215352.jpg




d0349418_21220651.jpg




d0349418_21221407.jpg




d0349418_21222628.jpg




d0349418_21223799.jpg




d0349418_21224554.jpg




d0349418_21225358.jpg




d0349418_21230249.jpg




d0349418_21231068.jpg




d0349418_21231789.jpg

「いい表情の子だな~~」
って思いながら、しつこくファインダーで追いかけていたら、最後にとびきりの笑顔をくれました

とびきりの恥ずかしがり屋な私は、ぎこちない笑いとお礼でしかお返事できませんでしたけど、とても嬉しかったです
笑顔一つで人を幸せにできるって、踊子としても、モデルとしても、何より輝かしい人として、稀有な才能だと思います
こんな子がよさこいを踊ってくれていることに、カメラマンとして、ただただ、感動をおぼえます




ここで、kobatetuapril的「よさこい雑感」を

この日、金沢でたくさんのよさこいチームさんを撮らせて頂いて感じたのは
「光る被写体としてのチーム」があるってことです
私なりの見分け方を拙いなりに申し上げます

まずチームを入場時から観察します
寡黙にカッコよく入場してきてキリッと構えるチームがあります
ペチャクチャと仲間と話をしながら、「イェーイ!」みたいなノリで入ってくるチームがあります
私みたいな堅物は、当初、前者のようなチームが狙い目なのだろうとばかり思ってたのですが
ところが意外と、後者のようなチームがいい演舞をします
個性の発揮が生じさせる呼吸の乱れさえも一つの大炎へと結集してゆくようなパワーがあります
その奔放さに、青春のほとばしりに対する憧憬が一気に燃え上がります
見る人をもらい笑顔にさせる表情は言わずもがな。
また、そういうチームは演舞の後も仲良しだったりします
一緒に歩いて、一緒に他のチームの演舞を見て声援を送って、一緒にご飯を食べて。
で、そんなシーンがまた、他のチームの撮影をしてる最中でも自然と目に入ってくるんです
それだけ彼らの仲良しぶりが輝いてるからなんだと思います
彼らを見ていると、例に挙げた前者のような、いわば優勝常連チームを見た時の「凄かったな~」という「感想」とは一味違う
「感動しましたウゥッ・・・応援してるよ~!」というベリーハッピーな「気持ち」に包まれます
よさこいっていうのは、基本的に笑顔で演舞するものなんですけど
彼らの笑顔はプロフェッショナル化されていない。「カッコいい笑顔ではない。」そこに、胸が熱くなるんです

本日の記事でご紹介したチームは、観客のハートを、少なくともカメラマンである私の熱情を
そんな方向性でガッチリとキャッチした素晴らしいチームであったと思います

すみません、ここまで自分で書いて思い出し泣きです
よさこいはいいな~











by kobatetuapril | 2019-02-25 22:56 | 旅行 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 夏の化身・Ⅲ~金沢YOSAK...      夏の化身・Ⅰ~金沢YOSAKO... >>