拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 08日

白鳥流し撮り一代記・2018 part Ⅶ








白鳥流し撮り一代記・part Ⅶ




その前に・・・・

今日、職場ですごくショックなことをサラッと言われました



明日から、仕事クッソ忙しくなるから、覚悟しといて♡



ぐぇぇぇえ~・・・拙者、そんなに仕事好きではないでござるよ~・・・・(大涙

といことで、しばらくの間、頑張って記事の更新はするつもりでいますが

皆さんのブログにおじゃましてコメントを差し上げることが出来なくなりそうです

また落ち着きましたら、変わらぬお付き合いを頂けたらと思います



では、気をとりなおして白鳥流し撮り一代記

第7弾は

着水シーンの流し撮り

です








d0349418_21401975.jpg
「御宝田遊水池」の白鳥は、朝の6時頃に飛び立ち
500メートルほど離れた川の淀みに着水する
そこに特別餌が豊富にあるわけでもないのに、何のために毎朝わざわざ・・・?
さっぱり分からない
が、その、人間の目からすればほとんど意味不明な行動があるおかげで
白鳥カメラマンはシャッターチャンスという恩恵を受けている








d0349418_21581462.jpg
基本的には、御宝田遊水池をフィールドにしているが
飽きたり、気分転換したいときには、その淀みの方に行くようにしている
落下傘部隊のように、次から次へと水面に舞い降りる彼らを、斜め流しで撮影する








d0349418_21584804.jpg
斜め流し・・・・いや、正確にはちょっと違う
この写真は河原の砂利を背景にしたものであるが
単純な斜めではなく、実に不規則な軌道で流れているのが分かる









d0349418_22033864.jpg
その軌跡は多様で、時に二次関数グラフの様な逆放物線であったり
三角関数の様な波線状であったりする
ただ、一次関数のごとく真っ直ぐストンと着水することだけは無いようだ
それだけ、「風の形」というものが、とらえどころが無いということなのだろう









d0349418_22114006.jpg









d0349418_22214330.jpg









d0349418_22121576.jpg
あ~らよっと
という声が聞こえてきそうなポーズ









d0349418_22122465.jpg








d0349418_22144202.jpg
テイクオフ時には絵になりにくかった正面流しだが
着水時は翼の挙動が程よく少なくなるためなのか
一転して美しい描写になる









d0349418_22164180.jpg
着水の直前から一気に減速する
テイクオフの加速時とは逆の要領でパンを調節する
これはこれで面白い









d0349418_22291756.jpg








d0349418_22322490.jpg







d0349418_22170989.jpg








d0349418_22173133.jpg
どうも、彼らにとって着水はテンションが上がる儀式らしい
プールのすべり台ではしゃぐ子供のように
雄叫びをあげながら降りてくる個体もいる
とってもlovelyである









d0349418_22225520.jpg
メインに据えるほどではないが
程よい撮影難易度に美しさが伴い
なかなか撮影のし甲斐があるシーンだ








さて、明日からが大変です





































by kobatetuapril | 2018-03-08 22:48 | 白鳥 | Comments(1)
Commented by flat_white at 2018-03-09 20:59
kobatetuさんの流し撮りの世界、今回は納得される出来だったのでしょうか。
流し撮り自体をほとんどしたことがない、試行したことがある、程度なので
どのような写真がkobatetuさんの納得されるものかは私にはわかりませんが
相も変わらず個性的な写真が私好みです。
kobatetu流流し撮り、極めて下さいね^^
そしてお仕事もそこそこ頑張って下さいね。季節の変わり目なので
どうぞご自愛してくださいね。
お忙しいようなので、返信コメントなどはお気になさらずにどうぞ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 白鳥流し撮り一代記 partⅧ      白鳥流し撮り一代記・2018... >>