拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 18日

たまには家族の写真を







d0349418_22155458.jpg





d0349418_22163323.jpg





d0349418_22164183.jpg





d0349418_22165782.jpg





d0349418_22170639.jpg





d0349418_22171531.jpg





d0349418_22172547.jpg





d0349418_22173457.jpg





d0349418_22174506.jpg





d0349418_22175354.jpg





d0349418_22180567.jpg






今日、アポを頂いていた漆職人さんのお宅の、まさに玄関先で、仕事で呼び出されました

ちょっと落ち込んでしまったので、先日撮った家族の写真を見てみました

スケジュールやお天気のことで頭が一杯の写真生活もいいけど、こんな緩い日々も大切ですね
















by kobatetuapril | 2017-11-18 22:26 | 家族写真 | Comments(8)
Commented by pikorin77jp at 2017-11-18 22:33
家族写真、、、とっても素敵です。
こんな可愛い笑顔、モノクロで。愛されてるんだなって わかります^^
Commented by fideal at 2017-11-18 22:40
いいですね、これはkobatuさんでしか創れない気負い無い空間の中に、そこには写っていない
kobatetuさんが跳ね返って見えるかのようです。
Commented by kobatetuapril at 2017-11-18 23:17
ぴこさん、fidealさん、コメントをいただきありがとうございます。
最近、私的にはめっちゃ力んでる写真の投稿が続いていたので、今日はホントがっかりでしたけど、たまには、と、こんな緩い写真を開いてみて、あぁ・・・と思って投稿してみました。
私は前から「GRは雑に撮るカメラ」って言ってますけど、そんなGRが、肩の力を抜くのに一役買ってくれたように思います。
光線に、瞬間にと、興奮しまくりで撮る写真もいいですけど、リラックスしてる時にしか撮れない写真もあるんだなって思いました。
こんな写真が撮れるのも子供が小さいうちだけでしょうから、いっぱい撮ってあげなきゃですね、リラックスして。
Commented by tad64 at 2017-11-18 23:24
何年か経ってこのお写真をご覧になった時の何とも言えない喜びと感動を今からお約束しますよ!
そんな素敵な思い出の写真として素晴らしいシーンの数々。
この様な自然で平和な写真が撮れるご家族が羨ましいです♪
Commented at 2017-11-19 15:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mon21mon at 2017-11-19 17:47
こんにちは。
タイマツ祭りや、その後の紅葉の写真などを拝見して、感じた事をそのまま表現出来るかたなのだなーと思っておりました。
家族写真は他の方の写真も含めて、好きな写真です。そもそも、報道写真など以外は、写真ってごく個人的な感情の動きの記録でしか無いと思います。家族写真はその感情が一番大きく現れるものなのだから見ていて癒されるのですし、共有する価値が有るのかも知れないと、写真を見ていて思いました
Commented by kobatetuapril at 2017-11-20 00:17
tad64さん、再度のコメントありがとうございます。
DPP4の使用方法については、
http://cweb.canon.jp/manual/eosd/soft.html
↑ でダウンロードできます。
ただ、直感的な部分は中々読んだだけでは分からないでしょうから、旅行からお帰りになった後にでも、お教えできることはお教えしようと思います。
純正ソフトで、出来ることは限られますが、ver3よりは機能性能が飛躍的に向上しています。
ご旅行、お気をつけて行ってきてくださいね。
Commented by kobatetuapril at 2017-11-20 00:28
mon21monさん
コメントをいただきありがとうございます。たいまつ祭りの写真、覚えていて頂けて、感激です。
私は、三脚をおいてじっくり腰を据えてシャッターチャンスを待ち構図を設定する写真が苦手でな分、直感的に撮れる人物写真はとても好きなんです。
特に祭りの写真は、人の輝きが増す「渦」の様な瞬間がめくるめくようにして訪れ、その渦に飛び込んでいく、というのは、他の写真ジャンルには無い楽しみ方だと思っています。
一方、家族写真は、渦のように激しいシーンは滅多に無く、多くは「漣」のようであり、祭りの「興奮」に対し「安心感」というような違いはありますが、「空気が変わったな・・・」という瞬間をとらえてシャッターを切るということは共通しているように思います。
それにしても、最近、スケジュールを組んでばかりの撮影ばかりしてますので、肩の力を抜いた家族の写真も、もっとたくさん撮らなきゃな、って思っているところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 昇秋 Ⅰ ~奈良井宿・晩秋~      一億年の錦 Ⅲ ~うるし工房... >>