拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 24日

朱の門~霊松寺の山門とドウダンツツジ~



今年の秋は我が愛すべきあがたの森に最比重を置きましたが
ブログのネタまでに、ということで
大町市の紅葉名所・霊松寺
こちらにも行ってみました

d0349418_18051900.jpg




d0349418_18065674.jpg




d0349418_18074249.jpg




d0349418_18081690.jpg



嘉永5年(西暦1852年)に建築された山門
松川村のお寺にあったものを移築したものだそうです
長野県には貴重な本格的な社寺建造物です
d0349418_18084351.jpg




d0349418_18165582.jpg




d0349418_18133511.jpg




d0349418_18140217.jpg



獅子頭彫が見事

d0349418_18135139.jpg


高密度のドウダンツツジに映えます

d0349418_18145395.jpg




d0349418_18152356.jpg




d0349418_18161586.jpg





d0349418_18154478.jpg




d0349418_18164881.jpg




d0349418_18182604.jpg


一方の背景には天然記念物の
オハツキイチョウ
が立っています
一般的なイチョウの変異種で
日本全国でも数十本しか無いのだとか

d0349418_18174898.jpg




d0349418_18254762.jpg


葉に重なるように(付くように)して銀杏が成るのが名の由来だそうで
約10%の確率でそういった形の実が見れるそうです
見つけられますか?

d0349418_18184128.jpg




d0349418_18260417.jpg




d0349418_18264455.jpg


イチョウは、緑から黄色へのグラデーションが進む
この頃が一番美しいと思います

d0349418_18271111.jpg




d0349418_18281564.jpg




d0349418_18291604.jpg




d0349418_18311335.jpg



安曇平以北ではまぎれもない紅葉の名所であり
メジャーな撮影スポットでありますが
なぜか、写欲があまり湧きませんでした
見返してみても、写真に熱が無く
思い返してみても、トキメキがよぎりません
結果はどうあれ、やはり写真は、被写体を心底好きになって
楽しんで撮ることが大事なんだな、と思います




by kobatetuapril | 2016-11-24 18:41 | 風景・スナップ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 季節は駆けおりぬ~美ヶ原高原秋景~      めぐり、逢う季節に・Ⅱ~あがた... >>