拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 28日

予告・第63回 高ボッチ高原観光草競馬大会

なんと、私が昨年の夏に撮影した
第62回 高ボッチ高原観光草競馬での写真が
第63回大会用ポスターで採用して頂けました

6分の1秒スロシャッターに
露光間ズームを加えた、渾身の流し撮りです
上下動の激しい被写体ですから
完全に止まっている部分というのは無いのですが
だからこその躍動感があるような気がして応募してみたものでした
ちなみに、キャッチフレーズの「風となれ」は
私がこの写真に冠したタイトル
感無量です

d0349418_21381438.jpg


そして、何と我が愛する奈良井宿においても掲示を確認!
しかも、5か所も・・・
一番好きな場所を、瞬間的とはいえ自分の作品が彩る・・・
カメラマンとしてこんなに光栄で幸せなことは無いと思いました

d0349418_21415685.jpg



流し撮りは、白鳥の撮影で培いました
現在、私の限界スキルは5分の1秒
評価の分かれる撮影技法ですが
信念を貫き続けて良かったと思っています
芸術とは
貫くべき信念を貫ききって評価されるからこそ喜ばしい
のだと思います



by kobatetuapril | 2016-06-28 21:46 | Comments(2)
Commented by TamaWakaba at 2016-06-30 22:05
おめでとうございます!
草競馬の躍動感ここにあり、ですね。
いつかの御仁にこのポスターを見せつけてやってください。
これからもますます流し撮りの美学を追求されることを期待しております。
Commented by kobatetuapril at 2016-07-03 21:18
TamaWakabaさん
コメントをいただきありがとうございます。
流し撮りには自身とプライドを持っていますので、
どんなにささやかな事でもこうして評価して頂けたことは
たいへん嬉しく思っています。
大変な励みになりました。今日も奈良井宿に行ってきましたが、
自分の作品が街道の点景となっていることは感動的でありました。
かの御仁には評価されませんでしたが、あの人の性には
合わなかったという、ただそれだけのことだと思います。
写真を見せつけてやろうという気持ちはありません。
見返してやろうとか、そういう、人間の汚れた感情のために
自分が情熱をそそいでいる芸術を持ち込むことはしたくありません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Orange~美ヶ原高原・レン...      カキツバタ・礼讃~居谷里湿原・... >>