拙者の写真修行小屋

kobatetu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 14日

カキツバタ・礼讃~居谷里湿原・親海湿原初夏~


d0349418_16432447.jpg



d0349418_16434359.jpg



初夏
緑深まる躍進の季節
居谷里湿原に訪れる、美の最高到達点
カキツバタの
比類なき紫

d0349418_16362453.jpg



飛鳥の昔より、この国は「紫」を最も高貴な色と定めてきました
紫色の花は数あれど、カキツバタの佇まいは
そんな倭の遺伝子を呼び覚ましてくるものの様に想います

d0349418_16425627.jpg




d0349418_16431069.jpg




d0349418_16443296.jpg




d0349418_16444313.jpg




d0349418_16445560.jpg




d0349418_16452266.jpg




d0349418_16453896.jpg




d0349418_17001906.jpg




d0349418_16561735.jpg



時を同じくして居谷里を彩るもう一つの色が
サワオグルマの黄色
紫を最高位とする倭
その遥か彼方・大陸では
黄色は、皇帝にのみ許された色だったといいます
居谷里の初夏は、まさに双璧の貴が輝く季節です

d0349418_16514961.jpg




d0349418_16515806.jpg




d0349418_16542265.jpg




d0349418_16544145.jpg


緑の海に浮かび上がるそれを、「星の海」のようだ、と思いました
鳥の声が、瑞々しく、果てしなく
霧の中の銀河を渡ってゆきました

d0349418_16545262.jpg




d0349418_16571152.jpg




d0349418_16573416.jpg


紫黄競演

d0349418_16583169.jpg




d0349418_16585305.jpg




d0349418_16591333.jpg




d0349418_16591688.jpg



一週間後・親海湿原

居谷里に比べて規模こそ小さいですが
ここ親海には、その名のとおり
こじんまりとしていながらも優しさを感じさせてくれる雰囲気があります

d0349418_17022018.jpg


この木道を作ってくださった方に感謝したいと思います

d0349418_17023042.jpg




d0349418_17035789.jpg




d0349418_17112210.jpg




d0349418_17024185.jpg




d0349418_17025179.jpg




d0349418_17131675.jpg




d0349418_17132416.jpg



カキツバタ・サワオグルマと共に
ワタスゲの仲間「サギスゲ」
が咲いておりました
親海湿原の主役の「白」といえばそれはやはり「ミツガシワ」なのでありますが
この花の控えめな様子も
去りゆく初夏への名残惜しさを助長させるようで
愛おしいと思います

d0349418_17100586.jpg




d0349418_17101519.jpg




d0349418_17102685.jpg




d0349418_17104716.jpg




d0349418_17141201.jpg


陽が昇ってきました

d0349418_17124913.jpg




d0349418_17145322.jpg




d0349418_17152160.jpg




d0349418_17154529.jpg




d0349418_17155891.jpg




d0349418_17161193.jpg




d0349418_17162157.jpg



~カキツバタ・礼讃 完~

駆け抜ける季節の到来

d0349418_17171595.jpg




























by kobatetuapril | 2016-06-14 17:25 | 風景・スナップ | Comments(2)
Commented by taketyh1040 at 2016-06-17 10:05
こんにちは。
美しいですね〜。
これほど豊かな自然に恵まれているのを羨ましく思います。
緑も花も、霧や日差しさえも優しく感じますよ。
紫も好きな色ですが、黄色も気持ちよいですね〜。
撮っても撮っても、撮りきれない想いでしょうね。
Commented by kobatetuapril at 2016-06-20 21:59
taketyh1040さん、お礼が遅くなり申し訳ございません、
来訪の上コメントを賜り、ありがとうございました。
親海湿原・居谷里湿原は奈良井宿と並んでとても好きなロケ地で、
特にミツガシワ以降、美しい花の咲くこの初夏は、いろんな情報とにらめっこしながら
貴重な休みとタイミングが合うか、固唾を飲んで機会を狙っています。
一年の中でも、これだけタイミングというものを考える時期は、春の桜でさえなかなかありません。
今年は花の盛りとしてもまぁまぁ、何よりいい霧が出てくれたのがありがたかったです。
朝のこの時間帯は、光は、あっという間に過ぎてしまいます。
イメージを全力で膨らませて、シャッターチャンスを最大限ものにできるように、
がめつく撮影しています(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 予告・第63回 高ボッチ高原観...      新緑は、かく目覚めし~親海湿原... >>